シンガーのセレーナ・ゴメスのニューアルバムに収録されているアルバムと同名のシングル曲「Rare」は、セレーナから元恋人のジャスティン・ビーバーへの最後のメッセージ?その真相を検証すべく、歌詞を全訳!(フロントロウ編集部)

所々ちらつくジャスティンの面影

 シンガーだけでなく、女優やドラマのプロデューサーとしても活躍するセレーナ・ゴメスのニューアルバム『Rare(レア)』に収録されている、アルバムと同名の楽曲「Rare(レア)」の歌詞の内容が、どことなく元恋人で同じくシンガーのジャスティン・ビーバーを連想させることから、一部のファンのあいだで「これがセレーナからジャスティンへの“最後のメッセージ”なのでは?」と言われている。

 以下、歌詞の全訳。ちなみに、タイトルの「Rare(レア)」には「稀(まれ)」「滅多にいない」「めずらしい」といった意味がある。

ベイビー
最近私と距離を置いているよね
近頃はあなたのことを「ベイビー」と呼ぶのも嫌

一緒に歳を重ねていくと思ってた
トースターのなかでトーストが燃えてる
私が求めたすぎたのかも
上であなたのことを待ってる
どうしてまるで私がここにいないかのような態度を取るの?
ベイビー、今感じるの

あなたがもうどうでもいいと思っているように感じる
どうして私が“レア”だということに気づいてくれないの?
私はいつもあなたのそばにいる
でもあなたは同じようにしてくれない
そんなのフェアじゃない

何もかも兼ね備えてるわけじゃない
別に主張したいわけじゃないけど
でも私は特別
そしてきっとどこかにいるはず
私は“レア”だと言ってくれる人が
私を“レア”だと感じさせてくる人が

ベイビー
あなたと一緒にいるべき理由を私に数えさせないで
そんなの無意味よ
どうして私とあなたは上手くいかないの?

一緒に歳を重ねていくと思ってた
トースターのなかでトーストが燃えてる
私が求めたすぎたのかも
上であなたのことを待ってる
どうしてまるで私がここにいないかのような態度を取るの?
ベイビー、今感じるの

あなたがもうどうでもいいと思っているように感じる
どうして私が“レア”だということに気づいてくれないの?
私はいつもあなたのそばにいる
でもあなたは同じようにしてくれない
そんなのフェアじゃない

何もかも兼ね備えてるわけじゃない
別に主張したいわけじゃないけど
でも私は特別
そしてきっとどこかにいるはず
私は“レア”だと言ってくれる人が
私を“レア”だと感じさせてくる人が

あなたにお願いするつもりはない
あなたが理由で泣いたりしない
あなたは私に尽くしてくれない
私みたいな人を見つけるのがどんなに大変かわからないの?

一緒に歳を重ねていくと思ってた
トースターのなかでトーストが燃えてる
私が求めたすぎたのかも
上であなたのことを待ってる
どうしてまるで私がここにいないかのような態度を取るの?
ベイビー、今感じるの

あなたがもうどうでもいいと思っているように感じる
どうして私が“レア”だということに気づいてくれないの?
私はいつもあなたのそばにいる
でもあなたは同じようにしてくれない
そんなのフェアじゃない

何もかも兼ね備えてるわけじゃない
別に主張したいわけじゃないけど
でも私は特別
そしてきっとどこかにいるはず
私は“レア”だと言ってくれる人が
私を“レア”だと感じさせてくる人が

 アルバムに収録されている曲がすべてセレーナの実体験に基づいているわけではないと思うが、アルバムの発売に先駆けてリリースされた2曲の新曲、「ルーズ・ユー・トゥ・ラブ・ミー(Lose You To Love Me)」と「ルック・アット・ハー・ナウ(Look At Her Now)」は、どちらもジャスティンとの決別を歌っている

画像: セレーナとジャスティンは、ジャスティンが2018年にモデルのヘイリー・ビーバーとの結婚を発表するまでの約10年間、くっついたり離れたりを繰り返していた。

セレーナとジャスティンは、ジャスティンが2018年にモデルのヘイリー・ビーバーとの結婚を発表するまでの約10年間、くっついたり離れたりを繰り返していた。

 ジャスティンとオンオフを繰り返すあいだにほかの男性と熱愛をウワサされたこともあったが、シンガーのザ・ウィークエンド以外はどの男性とも真剣交際には至っていない。しかも、そのザ・ウィークエンドととも1年も経たないうちに破局しており、歌詞にある“一緒に歳を重ねていく”=将来を見据えるほど長い付き合いではなかった。となると、やはり「レア」はジャスティンについて歌ったものである可能性が高いが、セレーナは以前出演したラジオ番組のなかで、先ほど名前を挙げた2曲をもって“ジャスティンとの物語は終わった”という主旨の発言をしており、真相は定かではない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.