『アメリカズ・ゴット・タレント』のスピンオフ番組『America's Got Talent: The Champions(原題)』で、サイモン・コーウェルが思わず他の審査員からゴールデンブザーを奪うほどのパフォーマーが現れた。(フロントロウ編集部)

パフォーマーを特別待遇できるゴールデンブザー

 アメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』のスピンオフ番組で、過去の『アメリカズ・ゴット・タレント』や『ブリテンズ・ゴット・タレント』などの優勝者やファイナリストたちがふたたび競う『America's Got Talent: The Champions(アメリカズ・ゴット・タレント:ザ・チャンピオンズ)』の第2週目が行なわれた。

画像: パフォーマーを特別待遇できるゴールデンブザー

 このスピンオフでは、参加者を一気に決勝まで進ませることができるゴールデンブザーを、1週につき1人の審査員が押すことができる。

 第2週目はホーウィー・マンデルにその権利があったのだけれど、名物審査員のサイモン・コーウェルがホーウィーのゴールデンブザーを奪うという反則をしてまで、勝手にゴールデンブザーを鳴らしたパフォーマーが登場した。

サイモン・コーウェルお気に入りの軍団がふたたび

 2016年に『ブリテンズ・ゴット・タレント』でファイナリストとなったBoogie Stormは、『スター・ウォーズ』シリーズのストームトルーパーに扮してパフォーマンスを行なうパフォーマー軍団。

 この日も、観客を総立ちさせるほど会場を熱気の渦に巻きこんだBoogie Stormを前に、サイモンは今にもゴールデンブザーを押したいよう。しかしホーウィーは、彼らのパフォーマンスを楽しみはしたものの、ゴールデンブザーには及ばないと「(ゴールデンブザーを押すことは)できないよ!僕のチョイスだろう。ノー」と宣言。

 しかし横から「できるって!」と叫び続けたサイモンは、他の審査員3人が別のほうを向いている隙に、手を伸ばして勝手にゴールデンブザーを叩いた!

 じつはサイモン、2016年にもBoogieStormにゴールデンブザーを鳴らしたほど、彼らがお気に入り。ゴールデンブザーを鳴らしたサイモンは、「なんで僕がこうしたか分かる?ダークサイドはグッドサイドだって信じたからさ」と、スター・ウォーズ用語を交えて笑っていた。

 ちなみに、ホーウィーは別の週に代わりのゴールデンブザー権を得ることになるよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.