2018年9月に急死したラッパーのマック・ミラーのアルバム『サークル(Circle)』が、遺族によってリリースされた。(フロントロウ編集部)

他界から1年4ヵ月後にニューアルバム

 多くのアーティストから親しまれていた人気ラッパーのマック・ミラーが、薬物の過剰摂取によって急死したのは2018年9月7日のこと。

画像: 他界から1年4ヵ月後にニューアルバム

 26歳という若さでこの世を去ったマックの死から約1年4ヵ月、マックが生前に手掛けていたアルバム『サークル(Circle)』を遺族がリリースした。

 ニューアルバム『サークル』はマックの遺作として大きな話題を集めているなか、この収録曲に、マックの元恋人アリアナ・グランデがボーカル参加しているとのウワサが飛び交っている。

 ネット上で多くのファンがアリアナの参加を指摘しているのは、マックの歌声が響くメロウなリズムの「アイ・キャン・シー・ユー(I Can See You)」という楽曲。この曲のバックコーラスの声がアリアナの声にそっくりだという。

 たしかにアリアナの声と言われればそう聞こえなくもないが、現段階でブランド側もアリアナ側も何も発言していないため、仮説の真相は謎に包まれている。一方で、アルバムリリース時、アリアナは自身のインスタグラム・ストーリーズでアルバムを紹介していたため、仮説を信じるファンも多い。

今もマックを支え続けるアリアナ

 ファンの方はご存知の通り、アリアナとマックは2016年から約2年半交際していた元恋人同士。2013年にアリアナの楽曲「ザ・ウェイ」にマックがフィーチャリング参加したことをきっかけに、親交を深めるようになった2人は、2016年にマックの楽曲「マイ・フェイバリット・パート」で再びコラボし、交際に発展した。交際時はたびたびアリアナのステージにマックが登場することがあったように、カップルとしてだけでなく、アーティスト同士としても抜群の相性を見せていた。

画像: 今もマックを支え続けるアリアナ

 しかし2人は、マックの薬物使用や多忙なスケジュールなどが原因で2018年5月に破局。その直後にアリアナはコメディアンのピート・デヴィッドソンと交際をスタートさせ、スピード婚約したが、マックの死後、2人は婚約を破棄した。婚約破棄の原因はマックの死だという声もある。

 マックの死を受けて、アリアナは歴代の元カレについて触れた楽曲「サンキュー、ネクスト」をリリース。その曲中では、「マルコム(※マックの本名)に“ありがとう”って言えたらよかった。彼は天使のような人だったから」と歌い、今は亡きマックへの愛を明かした。

 またアリアナは、生前マックが可愛がっていた愛犬を引き取っているように、かつての恋人マックが亡くなった後もサポートを続けている。

 こうしたことから見ても、マックの遺作となった今回のアルバムにアリアナが参加していてもおかしくないという声が上がっているため、ますますこの仮説が信ぴょう性を深めているが真相はいかに。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.