先日行なわれたSAGアワードでコメディ部門の主演女優賞に輝いた、ドラマ『Fleabag フリーバッグ』のフィービー・ウォーラー・ブリッジが、ドレスから見える腹筋の“秘密”を白状した。(フロントロウ編集部)

割れた腹筋は偽物?

 米アカデミー賞の前哨戦のひとつである、米映画俳優組合員賞、通称SAGアワードの授賞式が米時間2月19日に開催され、ドラマ『Fleabagフリーバッグ』のフィービー・ウォーラー・ブリッジが、コメディ/テレビ映画・リミテッド部門の主演女優賞に輝いた。

画像1: 割れた腹筋は偽物?

 ドラマ『Fleabag フリーバッグ』は、現代のロンドンを生きるひとりの女性の心理を皮肉たっぷりに描いたAmazonプライムビデオのオリジナルシリーズ。劇作家でもある主演のフィービーが脚本を手掛けている。

 シュールな笑いにハマる人が続出している同作で主演女優賞を獲得したフィービーが、受賞スピーチでも自虐的なジョークで笑いを誘った。

 フィービーはスピーチで、関係者やドラマのキャスト陣に感謝を述べ、アワードシーズンに経験したハリウッド級の豪華な対応に感動したことを口にすると、アワードでセレブがドレスアップする際の“裏技”を暴露。

 この日のフィービーは、ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)のプリヴェコレクションのメッシュドレスを着用。ウェスト部分が透けているドレスを着用するにあたり、フィービーは「メイクアップアーティストが私にシックスパックを描いてくれた」ことをスピーチで白状。

画像2: 割れた腹筋は偽物?

 お腹に陰影をつけて腹筋を強調させていたことを自ら明かして会場を盛り上げた。

 ちなみに、フィービーのようにメイクで“偽物のシックスパック”を作るセレブは多く、2017年のゴールデン・グローブ賞授賞式に参加したクリスティン・ベルもメイクで腹筋を描いていたことを明かしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.