2020年度の第92回アカデミー賞では、2019年度のアカデミー賞で賞を獲得したラミ・マレックやマハーシャラ・アリなどがトロフィーを配布することが決定した。(フロントロウ編集部)

アカデミー賞開催が迫る

 映画祭の最高峰、アカデミー賞が日本時間2020年2月10日にハリウッドのドルビー・シアターで開催される。

画像: アカデミー賞開催が迫る

 92回目となるアカデミー賞には、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監督賞、脚本賞などを含む6部門にノミネートされるという歴史的快挙がビッグニュースとなっている。

 さらにアメリカが製作に入っていない“純粋なアジア”映画が、作品賞にノミネートされるのも史上初めてのこと。

画像: 映画『パラサイト 半地下の家族』メンバー

映画『パラサイト 半地下の家族』メンバー

 また、ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞した『ジョーカー』のホアキン・フェニックスや主演女優賞を受賞した『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガー、助演男優賞を受賞した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピットや助演女優賞を受賞した『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーンなどもノミネートされており、連続受賞に期待がかけられている。

 そんな豪華なイベントではあるが、今年の司会者は不在。

 2019年度年は一度コメディアンのケヴィン・ハートが司会者に選ばれたものの、過去の同性愛嫌悪的ととれる発言が批判を浴び、アカデミー側から公式に謝罪することを求められもののそれを拒み、司会を辞退。

 2019年はそんなトラブルがあったけれど、視聴率は2018年よりもアップ。その経験を活かし、今年も司会者無しでショーを開催すると主催側は明かしている。

2019年度の勝者がトロフィーを受け渡す

 司会者不在ではあるものの、トロフィーを受賞者に渡すためのプレゼンターは、前年の受賞者であることが慣例的に決まっている。

 2020年のアカデミー賞も例年通り、前回の受賞者がトロフィーを渡すことに。

画像1: 2019年度の勝者がトロフィーを受け渡す

 現在プレゼンターとして参加が発表されているのは、『グリーンブック』で助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ、『ビール・ストリートの恋人たち』で助演女優賞を受賞したレジーナ・キング、『女王陛下のお気に入り』で主演女優賞を受賞したオリビア・コールマン、『ボヘミアン・ラプソディ』で主演男優賞を受賞したラミ・マレック。

画像2: 2019年度の勝者がトロフィーを受け渡す

 今後も数週間にわたって、他のプレゼンターも発表されていくと、公式によって明らかにされている。

 2020年のアカデミー賞は、日本時間2020年2月10日にハリウッドのドルビー・シアターで開催。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.