男性の「睾丸を醤油に浸す」、もしくは「醤油を睾丸に塗ってみる」という耳を疑うようなチャレンジがTikTokで流行中。一体どうして? (フロントロウ編集部)

TikTokで話題のチャレンジ

 若者たちの間で今最もホットなトレンド発信源となっている短編動画を中心としたSNSアプリ、TikTok。これまでにも、さまざまな奇妙なチャレンジが誕生し、注目を集めてきたけれど、今、若い男性ユーザーを中心に話題となっているのが「睾丸を醤油にディップする」という奇想天外なチャレンジ。

 「自分もやってみようかな」と、つい男性たちの好奇心を掻き立てているのが、2013年に英Daily Mailに掲載された「睾丸には味覚を感じる味蕾がある」という記事の情報の正当性を確かめるために「Alx James」というユーザーが行なったコチラのチャレンジ動画。

 記事に書かれている、「陰嚢は醤油に含まれるアミノ酸を感知することができる」という説を確かめるため、「僕の双子ちゃんで試してみよう」と、テイクアウト用のカップに入った醤油を少量、自身の睾丸に塗ってみる動画には、80万件以上の「いいね」が集まっている。

 動画内で、Alxは、この方法で実際に「醤油の味が感じられる」と驚きのリアクションしており、これを見て、ぜひ自分でも試してみたいという男性ユーザーが続出しているというわけ。

 しかし、「睾丸/陰嚢に味蕾がある」との説について、米Cosmopolitanがイェール大学医学大学院泌尿器科のスタントン・ホニグ医師に意見を求めたところ、同医師は「それは私にとっては初耳です」との回答が。さらにこの説の元となったDaily Mailには、味蕾の存在は不妊とも関係があるとの記載があったが、この説についても、「不透明な情報ですし、もっと研究を重ねる必要があるでしょう」と懐疑的な見方を示したという。

 2013年のDaily Mailの記事の元となったのは、米フィラデルフィアの研究機関モーネル化学感覚センターの研究員たちが、同年に総合学術雑誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に寄稿した男性の不妊に関するレポート。このレポートには、体の至る所にあるとされる味蕾の機能と男性不妊はリンクしているとの報告があるが、「睾丸に味蕾がある」という説は正しくはなく、科学的論文の内容がさまざまな段階を経て歪曲されてしまった情報だと、米Science Alertは警告している。

 ということで、「睾丸を醤油に浸してみたら醤油の味がした」というTikTokユーザーたちのリアクションは、おそらく錯覚ということのよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.