実際に起きた“スキャンダル”の裏側を描いた映画『スキャンダル』の本予告映像が到着。(フロントロウ編集部)

全米を揺るがせた大スキャンダルの裏側を描く

 2016年、アメリカのニュース放送局で視聴率ナンバーワンを誇るFOXニュースで実際に起きたセクハラ事件の裏側を描いた、映画『スキャンダル』の本予告映像が解禁になった。

 「TVは視覚メディアだ。スカートは短く」と傍若無人に女性社員たちにセクハラやパワハラともとれる発言を浴びせまくるのは、米FOXニュースのCEOでTV業界の帝王であるロジャー・エイル(ジョン・リスゴー)。ベテランキャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)には「更年期の汗だくは醜い!」と暴言を吐き捨て、「メインを張りたい」と切望する新人キャスターのケイラ・ポスピシル(マーゴット・ロビー)に対しては、願いを叶えてほしいなら「忠誠心をみせろ」と言い放つ。その言葉の意味に困惑しながらも、これまで夢のために努力を積み上げてきたケイラは言われるがままついにロジャーの前でスカートをまくり上げ脚を晒すのだった。

画像: 全米を揺るがせた大スキャンダルの裏側を描く

 そんななか、我慢の限界に達したグレッチェンがロジャーを提訴。怒りを抑えられず怒鳴り散らすロジャーに、社内は騒然とした雰囲気に包まれる。巨大な権力に立ち向かうグレッチェンと、電話口で涙ぐむケイラ。そして「訴えても誰も信じないわ」と冷静に話しながらも、何か考えがある様子の人気キャスター、メーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)。立場も年代も違う3人のキャスターがプライドをかけ放つ真実とは…。

 ちなみに、現地時間2月9日に授賞式が開催される第92回アカデミー賞で、グレッチェン役のシャーリーズが主演女優賞、ケイラ役のマーゴットが助演女優賞、さらに映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でオスカーを獲得した辻一弘(カズ・ヒロ)氏が率いるチームが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされている。

 映画『スキャンダル』は2月21日(金)より公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.