マクドナルドで提供されるコカ・コーラが、コンビニや自動販売機で売っている缶やペットボトルのコーラよりおいしい⁉(フロントロウ編集部)

マクドナルドのコーラは特別おいしい?

 世界中で人気のファストフードチェーン、マクドナルドでハンバーガーやポテトと一緒にコカ・コーラを頼む人は多いのでは?

 ジャンクフードのお供として人気の炭酸飲料のコーラが、マクドナルドで頼むと“特別においしい”という声が寄せられている。

画像1: マクドナルドのコーラは特別おいしい?

 どこのレストランで飲むコーラより、スーパーやコンビニ、自動販売機で買うコーラよりも爽快感が味わえるような、そんな気持ちになる人が多いというのだが、それにはきちんとした理由があった。

 米マクドナルドの公式サイトによると、マクドナルドはコーラを提供するにあたり「シンプルにコカ・コーラのガイドラインに従っているだけ」だという。ということは、コーラをより満足感のあるドリンクにしているのは、そのプロセスにあるということになる。

 マクドナルドには、コカ・コーラ社からコーラのもととなるシロップがスチールタンクによって運ばれる。このシロップと炭酸水がディスペンサーで一緒に注がれて提供される。

画像2: マクドナルドのコーラは特別おいしい?

 ここまでのプロセスは、他のレストランでもやっていることかもしれないが、マクドナルドは、ディスペンサーに入れる前からシロップを冷蔵保管しているそう。また、ディスペンサー内も常に冷蔵になっているといい、氷がなくてもいつでもドリンクが爽快感のある冷たさの温度に保たれている。

 さらには、シロップと混ぜる水にもひと手間かけているようで、マクドナルドでは、シロップに混ぜる水をディスペンサーに入れる前にろ過させ、よりおいしいドリンクを提供できるように工夫しているという。

 また、マクドナルドで使われているストローは、通常のものと比べて若干太めに作られており、これもコーラをよりおいしく飲める理由のひとつなんだとか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.