シンガーのジャスティン・ビーバーと妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、ジャスティンのドキュメンタリー番組のプレミアイベントでレッドカーペットデビューを飾った。(フロントロウ編集部)

夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初

 2月14日のバレンタインデーに待望のニューアルバム『チェンジズ(Changes)』を発売することを発表したジャスティン・ビーバーが、1月27日からYouTubeで配信がスタートしたドキュメンタリー番組『ジャスティン・ビーバー:シーズンズ(Justin Bieber : Seasons)』のプレミアイベントに、妻でモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)とともに出席。

画像1: 夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初

 ジャスティンとヘイリーが夫婦でレッドカーペットに登場するのは今回が初めてということもあり、熱視線が注がれた。

画像2: 夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初

 2018年7月に婚約を発表し、同じ年の9月に入籍した2人は、翌2019年9月に1年越しの結婚式を挙げたことで知られる。結婚から約1年半経った現在もラブラブぶりは健在で、レッドカーペットでも周囲の視線を気にすることなく熱いキスを交わし、仲の良さを見せつけた。

画像3: 夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初
画像4: 夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初

 また、今回のプレミアイベントにはジャスティンの母パティ・マレットも出席しており、母、息子、義娘のスリーショットも実現。

画像5: 夫婦でレッドカーペットを歩くのは今回が初

 そもそもジャスティンがこういったプレミアイベントに出席すること自体、約2年ぶりのこと。約2年間の休息期間を経て、ついにジャスティンが完全復活を遂げようとしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.