シャーリーズ・セロンによるリベンジ・エンターテイメント映画『グリンゴ/最強の悪運男』に出演したアマンダ・サイフリッドが、自身のために書かれた役について語った。(フロントロウ編集部)

シャーリーズが贈るリベンジ・エンターテイメント

 アカデミー賞女優であり、その代表作『モンスター』で制作も手掛けて以降、プロデューサーとしても活躍するシャーリーズ・セロン。そんな彼女が出演し、制作も手掛けた映画『グリンゴ/最強の悪運男』が2月7日にいよいよ公開!

画像1: シャーリーズが贈るリベンジ・エンターテイメント

 主人公は、仕事をクビになり、友達に騙され、妻に離婚されたハロルド。人生のどん底に突き落とされたハロルドは、モンスター上司のリチャードとエレーンへの復讐を決意。出張先のメキシコで偽装誘拐を演じ、身代金5億円を奪うことを計画する。しかし、上司リチャードは、ハロルドの保険金を狙って殺し屋を雇っていて…!?

 リベンジ・エンターテイメントとなっている『グリンゴ/最強の悪運男』では、ハロルド役にデヴィッド・オイェロウォ、リチャード役にジョエル・エドガートン、エレーン役にはシャーリーズ・セロンと豪華キャストが集合。そして、ハロルドと偶然出会い、劇中で唯一優しさを持ち続ける女性サニーは、アマンダ・サイフリッドが演じる。

画像2: シャーリーズが贈るリベンジ・エンターテイメント

アマンダが考えるサニー、インタビュー動画を独占公開

 じつは、台本の段階から、アマンダを想定して書かれたというサニー。そんな自分にピッタリのサニーという役についてアマンダが語るインタビュー動画を、フロントロウ独占で先行解禁。

 インタビューではアマンダが、自身とサニーの似ているところは天真爛漫なところだと分析したり、でも自分はあんな事件に巻き込まれるタイプではないと言ったり、自分とサニーを見比べる様子が収められている。

 映画『グリンゴ/最強の悪運男』は、2月7日より新宿バルト9ほかで全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.