オーストラリア軍の兵士たちが、休日に、森林火災で傷ついたコアラたちの看病を行なった。(フロントロウ編集部)

赤ちゃんのようなモフモフのコアラ

 オーストラリアで12億以上の動物が犠牲になったとされる森林火災では、多くのコアラも被害に遭った。ひどいヤケドを負ったコアラや、水不足から人間に水を求めるコアラなどが目撃され、焼け果てた大地では亡き骸も見つけられている。

 被害の対応にはオーストラリア軍も当たっており、多くの兵士たちが尽力する姿が目撃されている。そんなオーストラリア軍の兵士たちが、休日にあることを行なった。

 この日、クルランド・ワイルドライフ公園へ向かった一行の目的は…?

画像1: ⒸAustralian Army/Facebook

ⒸAustralian Army/Facebook

 保護されたコアラのお世話!

画像2: ⒸAustralian Army/Facebook

ⒸAustralian Army/Facebook

 「モフモフの友達を助けるために」とコメントし、休日にわざわざ公園を訪れたオーストラリア軍兵士たちは、タオルに包まれた赤ちゃんのようなコアラに注射器のような器具で水を与えている。

画像3: ⒸAustralian Army/Facebook

ⒸAustralian Army/Facebook

画像4: ⒸAustralian Army/Facebook

ⒸAustralian Army/Facebook

 コアラのためのこのボランティアだけれど、写真に写る兵士たちの笑顔からも見て取れるとおり、兵士たちにとっても疲れを癒すイベントだったよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.