『アメリカズ・ゴット・タレント』のスピンオフ番組『America's Got Talent: The Champions(原題)』で、会場を泣かせたパフォーマーが登場した。(フロントロウ編集部)

感動パフォーマンスにライバルさえも感動

 アメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』のスピンオフ番組で、過去の優秀パフォーマーたちがふたたび競う『America's Got Talent: The Champions(アメリカズ・ゴット・タレント:ザ・チャンピオンズ)』。

 2011年に『アメリカズ・ゴット・タレント』に参加したThe Silhouettesがふたたび登場し、会場中を感動させた。

 彼らのパフォーマンスは、影を使ったダンス。ある1匹の犬の生涯を映した。

 光と影を効果的に使った15人を超えるメンバーによる圧巻のパフォーマンスは、会場中を感動の渦に包み込んだ。彼らがパフォーマンスを終えた時には、観客だけでなく、審査員のアリーシャ・ディクソンやハイディ・クルムも思わず涙をぬぐい、舞台裏にいた他の参加者たちも感動する様子が。

 『America's Got Talent: The Champions』では、各週で1人の審査員が、お気に入りのパフォーマーを一気に決勝へ進ませることのできるゴールデンブザーを担当しており、この週の担当はアリーシャ。

 もちろん、このパフォーマンスに泣くほど感動していたアリーシャは、The Silhouettesにゴールデンブザーを鳴らした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.