NFLの頂上決戦として毎年注目を集めるスーパーボウル。ハーフタイムの間に行なわれるハーフタイムショーで、人気ラテンシンガーのJ.バルヴィンが、ナイキとコラボした未発表のエアジョーダンを初めてお披露目した。(フロントロウ編集部)

新作のエアジョーダンを公開

 フロリダ州マイアミのハードロック・スタジアムで開催された第54回スーパーボウルでは、サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ers)とカンザスシティ・チーフスが激突。NFLの頂上決戦であるスーパーボウルは、全米のみならず世界中にいる多くのアメリカンフットボールファンが注目しており、毎年1億人以上もの人が視聴すると言われている。

画像: 新作のエアジョーダンを公開

 スーパーボウルの見どころは試合だけではなく、前半と後半の間に行なわれるハーフタイムショーも毎年話題。過去にはブルーノ・マーズ、ビヨンセ、レディー・ガガ、マルーン5など数々の人気アーティストがパフォーマンスを行なってきたけれど、2020年の開催地であるフロリダ州マイアミにはヒスパニック系の住人が多いことから、今年はラテンの2大歌姫であるシャキーラとジェニファー・ロペスがパフォーマンスを担当することに。

 パフォーマンス中にはヒット曲が連発され、会場が大盛り上がりのなか、サプライズで人気ラテン系シンガーのJ.バルヴィンがステージに登場。ここで注目したいのが、彼の足元。じつはこの時履いていたカラフルなナイキのエアジョーダンは、J.バルヴィンとのコラボアイテムで、これまで1度も公開されていなかったスニーカー。

 J.バルヴィンはスーパーボウルのハーフタイムショーがスタートする数時間前に、自身のインスタグラムでこのスニーカーの一部をアップして、パフォーマンス中に新作を履くことを告知。

 スニーカーは、シュータンにジャンプマンのマークとJ.バルヴィンのマークが入っており、かかと部分にもJ.バルヴィンのマークが。色鮮やかでカラフルなエアジョーダンは、ファッションのポイントとして注目されるであろう一足。

 ちなみに2019年のスーパーボウルのハーフタイムショー中には、パフォーマーを務めたマルーン5のアダム・レヴィーンが、トラヴィス・スコットとナイキがコラボした当時未発表のエアジョーダンを履いて話題になった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.