2019年のアカデミー賞主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンが、2020年はプレゼンターとしてオスカーに登場。昨年同様、またまた笑いを誘うスピーチで最高のプレゼンターを務めた。(フロントロウ編集部)

“オスカーを獲ると年取ります”

 オスカー女優のオリヴィア・コールマンが、2020年2月10日に開催された第92回アカデミー賞授賞式の主演男優賞のプレゼンターを務めた。

 2019年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞したオリヴィアといえば、昨年のオスカーいち面白いスピーチを披露して会場を爆笑の渦に包んだ。

 ユーモアたっぷりのトーク力で人々を魅了させるオリヴィアが、2020年のオスカーでもしっかり笑いをかっさらった。

画像: “オスカーを獲ると年取ります”

 映画『ジョーカー』のホアキン・フェニックスが獲得した主演男優賞のプレゼンターとしてステージにあがったオリヴィアは、おそらく撮影のためにヘアカラーをブラウンからブロンドにイメージチェンジ。

 白髪になったオリヴィアは、ステージに上がるやいなや「オスカーを獲ると年も取ります」と第一声で自分の髪の毛をネタにして笑いを誘った。

「皆さんこんにちは。また招待してくれてありがとうございます。ここに戻って来られて光栄です。昨年は最高の年でした、夫の人生にとって。フフッ。彼が本当にそう言ったんです。私、3回も出産したんですけどね。みなさんも彼と同じくらい素晴らしい時間を過ごせますように…。もちろん私も楽しみました」

 オリヴィアは会場の笑いを誘いながらも、主演男優賞を発表する直前に、演技の素晴らしさを称賛するために1人に絞ることはできないとすべての役者を讃えた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.