ライアン・ゴズリングの長年の恋人エヴァ・メンデスが、ライアンの家事力の高さを明かした。(フロントロウ編集部)

4人家族のライアンとエヴァ

 2012年公開の映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』で共演し、交際をスタート。その後2014年に第1子を、2016年に第2子を迎えた俳優カップルのライアン・ゴズリングエヴァ・メンデスは、交際9年目でもラブラブ。

 2019年10月に米トーク番組『The Kelly Clarkson Show(原題)』に出演した際には、画面に表示されたライアンの写真に没頭してしまってカメラと観客の存在を忘れたこともあるほどライアンラブなエヴァが、家庭におけるライアンの才能を明かした。

画像: 4人家族のライアンとエヴァ

 インスタグラムのコメント欄で、ファンと気さくに交流することで知られるエヴァ。ある日、ファンから“エヴァとライアンは家で料理をするの?”という質問が。すると…?

「ライアンは、すごいシェフでパン屋さんだよ。嘘じゃない。信じられないほどね。ジョークじゃないよ。自分のしてることが料理なのか分からないな。(私は)野菜を蒸して、ジュースを作って、お米を炊いてる。でも彼は、本当に料理をするの」

専業主夫への願望を明かしたこともあるライアン

 エヴァはライアンの料理をベタ褒め。エヴァの話を聞くかぎり、家庭で料理を担当しているのは、主にライアンのよう。

 ライアンは2011年に、“自分は子育てと仕事を両立できないし、それで良い”とし、「子供を作るまでは、映画を作るよ」と、子供が生まれたら子育てに集中したいと英Timesに明かしていた。

画像: 専業主夫への願望を明かしたこともあるライアン

 また、役作りのためにライアンと一緒に住んでいたことがある、映画『ブルーバレンタイン』の共演者ミシェル・ウィリアムズは、ライアンが家事もミシェルの子供の世話もしてくれたおかげで、当初1週間だった同居の予定が1ヵ月にまで延びた過去を明かしている。

 エヴァとはもうすぐ交際10年になり、現在5歳と3歳の娘を育てているライアンは、昔から変わらずに家庭をちゃんと大事にし続けているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.