YouTubeの登録者数190万人を超える人気ユーチューバーが、“SNS映えするバリ旅行”という名で、家電量販店のイケア(IKEA)の店舗で取った写真を投稿。どのくらいの人が騙された…?(フロントロウ編集部)

イケアで“バリ旅行”を再現

 YouTubeの登録者数190万人を超える人気ユーチューバーのナタリア・テイラーが、インフルエンサーに人気のバケーション先であるインドネシアのリゾート地“バリ島への旅行”を計画。

 ただ、ナタリアが計画したのは、ウソのバリ旅行。実際にバリには行かず、イケア(IKEA)で展示されるモデルルームで“旅先の写真”を撮影。

この投稿をInstagramで見る

The queen has arrived #bali

Natalia Taylor(@natalia__taylor)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Where should I travel to next? ✨ Comment below and maybe I will ;)

Natalia Taylor(@natalia__taylor)がシェアした投稿 -

 イケアで販売されるバリっぽいアジアンテイストのリゾート風インテリアと、プロのカメラマンを使って、SNS映えする写真を撮り、それをインスタグラムに載せたところ…、偽りの旅行を疑う人はほとんどいない。

 インスタグラムに投稿された、イケアでの“バリ旅行”の写真は計3つ。そこには、イケアのタグなどが見えるものもあり、写真をよく見ればフェイクであることがわかるけれど、フォロワーの人々は疑うことなく、「あなたって最高の人生を送っているのね」というコメントまで届いていた。

 “バリ旅行”を謳ってイケアで撮影した写真を、9割以上の人が疑うことなく信じきっていたことから、ナタリアは「今回で学んだ教訓は、ネット上にあるすべてを信じてはいけない。時には自分を偽りたい時があるし、それを実行するのは難しくないみたい」と、SNS上に潜む罠への注意を呼びかけた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.