人気タレントのキャロライン・フラックが自殺したことを受けて、シンガーのナイル・ホーランが自殺の原因を作ったイギリスの一部のメディアを痛烈に批判するコメントをツイッターに投稿した。(フロントロウ編集部)

友人を自殺に追い込んだ英紙への怒りを露わに

 ワン・ダイレクション(以下1D)を輩出した音楽オーディション番組『Xファクター』や、イギリスでカルト的人気を誇る恋愛リアリティ番組『Love Island UK(ラブ・アイランド)』のホストとして知られるタレントのキャロライン・フラック(40)が、英現地時間2月15日に自宅で亡くなったことを家族が公表した。詳しい死因は明らかにされていないが自殺だったという。

画像1: 友人を自殺に追い込んだ英紙への怒りを露わに

 キャロラインは、昨年12月に恋人でテニス選手のルイス・バートンをランプで殴った暴行罪の容疑で逮捕・起訴され、3月4日から裁判がはじまるのを待っているところだった。キャロラインは容疑を否認していたが、被害者のルイスが“暴行を受けた”と証言したため彼女を擁護する声は少なく、主に国内のメディアから激しいバッシングを受けて悩んでいたとされる。また、この事件が原因で、5シーズンにわたって司会を務めていた『Love Island UK』も降板せざるを得なくなってしまった。

 とくに、英Sunは執拗なキャロライン叩きを行なっていたことで知られ、自殺したキャロラインのことを精神的に追いつめた“元凶”とも言われている。そんななか、『Xファクター』の姉妹番組を通じてキャロラインと親交があった1Dのナイル・ホーランが、キャロラインを死に追い込んだ一部のメディアを痛烈に批判するコメントを自身のツイッターに投稿した。

画像2: 友人を自殺に追い込んだ英紙への怒りを露わに

 「タブロイド(新聞や週刊誌)はどんな死に方をしようと、いかなる場合もその責任を絶対に負わない。記事の閲覧数や賃金のためだけにひどい記事を書いた記者たちのことをとても残念に思う。

 僕たちにとって彼女は友人であり、1人の人間だった。才能があって有名だという理由だけで、彼女は世間からも、タブロイドからも、SNSからも不当な扱いを受けた。このような悲劇を招いた責任は社会全体にある」 

 ちなみに、キャロラインはナイルと同じく1Dのメンバーであるハリー・スタイルズと、2011年に一時期交際していたことで知られる。キャロラインの訃報にハリーは沈黙を貫いているが、ハリーの母アン・ツイストは、自身のインスタグラムにキャロラインに向けて綴ったと思われる長文のメッセージを投稿。また、シンガーのリタ・オラや、映画『ハリー・ポッター』シリーズのマルフォイ役でおなじみの俳優トム・フェルトン、クイーンのブライアン・メイら多くのセレブが追悼コメントを寄せている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.