『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン11に出演した人気ドラァグクイーンのブルックリンハイツが、4月5日に初の東京公演を開催する。(フロントロウ編集部)

首相も認める『ル・ポールのドラァグ・レース』クイーン

 ブルックリンハイツ(Brooke Lynn Hytes)はカナダ出身のドラァグクイーンで、『ル・ポールのドラァグ・レース』では「Queen of the North(北のクイーン)」の異名のもと、プロのバレエダンサーというバックグラウンドを活かしたエレガントなパフォーマンスを見せ、2位でフィニッシュ。ブルックリンが番組で見せたリップシンクバトルは、いまだに番組のファンのあいだで語り継がれている。

画像: アメリカの北に位置するカナダ出身のため、北のクイーン(Queen of the North)の異名を持つ。

アメリカの北に位置するカナダ出身のため、北のクイーン(Queen of the North)の異名を持つ。

 『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン11でブレイクしたあとは、New York Magazineの表紙を飾り、カナダのジャスティン・トルドー首相と対面し、People’s Choice Awardsで“最も盛り上がっていて当然なカナダ人賞”を受賞しと、大活躍。

^ カナダのジャスティン・トルドー首相と対面。

 そんなブルックリンハイツが、4月5日(日)に新宿 Renyにて初の東京公演「DRAGMANIA presents Brooke Lynn Hytes」を開催。日本からも実力派クイーンたちが集結し、妖艶かつダイナミックなショーを届ける。当日はミートアンドグリート券も用意されている。

 『ドラァグ・レース』のファンも、ドラァグクイーンのショーは未体験の人も、世界有数のドラァグクイーンの来日パフォーマンスを見るチャンスを逃さないで。

画像: 首相も認める『ル・ポールのドラァグ・レース』クイーン

DRAGMANIA presents Brooke Lynn Hytes
開催場所:新宿Reny
日時:4月5日(日)17時開場、18時開演
チケットはDRAGMANIAの公式ページより

【出演者】
ブルックリンハイツ:ル・ポールのドラァグレースシーズン11でトップ2となったカナダのクイーン。ル・ポールのドラァグレースカナダシーズンのMCにも抜擢される。
ブルボンヌ(MC):LGBT・女性問題を扱う情報番組、オネエキャラクターとしてのバラエティ、お昼のAMラジオのパーソナリティなどテレビ・ラジオ出演しているマルチタレント。
枝豆順子:プロダンサー、振付師。2019年紅白歌合戦ではMISIAのバックダンサーを総合プロデュースした今最も注目を集めるドラァグクイーン
その他:SASHA B SAVANNA、VERA STRONDH、VANA、GOMA DANGO、SERA TONIN、KOSMIC SANS、OKINI

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.