シンガーのケラーニとラッパーのYGが交際約半年で破局したことがわかった。(フロントロウ編集部)

暴露ソングで破局の真相を明かす

 全身タトゥーの個性派歌姫ケラーニが、2019年9月頃から交際していたラッパーのYGと破局したことを新曲「Valentine's Day(Shameful)(バレンタインデー、シェイムフル)」を通じて公表。破局の真相を綴った“暴露ソング”ともいえる同曲のなかで、YGの裏切り行為を明かした。

 「名前を言いたいところだけど、アンタは注目を浴びるのに値しない/ヒーローぶってるけど、本当はヴィラン(悪者)/私のことを“クレイジー”と言ったよね。でも私はただ直感的に行動しただけ/アンタは有名になって認知されるために私を利用した」など、ケラーニのYGに対する怒りがひしひしと伝わってくる歌詞が続く同曲。

 薬物中毒に苦しむYGを献身的に支えてきたにもかかわらず、ほかの女性と浮気をしたYGの裏切り行為に深く傷つけられたことが語られており、「アンタが酔っぱらって寝てる時にメールをチェックするべきだった/見たくない真実を散々見させられてきた/でも知ることができて良かったと思う/私にとってはこれで良かった/あのビッチと一生お幸せに/あのビッチとハネムーンでフランスに行って、ワインとクラッカーでお祝いするといいわ/ヤリまくって、アンタが欲しいって言ってた息子ができるといいね」という、強烈な捨てゼリフで締めくくっている。

 今から約3週間前の1月27日に、シンガーのジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー番組『ジャスティン・ビーバー:シーズンズ(Justin Bieber:Seasons)』のプレミアイベントに一緒に出席し、仲睦まじげな姿を見せていたケラーニとYG。

画像: ジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー番組のプレミアイベントにて。

ジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー番組のプレミアイベントにて。

 さらに2月14日のバレンタインデーに、2人でコラボしたラブソング「コンクルージョンズ(Konclusions)」をリリースしたばかりだが、この時にはすでに破局していた可能性が高い。

 ケラーニとYGの関係がどの時点で破綻していたのかわかっていないが、じつはYGの浮気が発覚したのは2019年11月のこと。それから約4ヵ月間、関係修復に努めたが上手くいかなかったのか。それとも新たな裏切り行為が発覚したのか。どちらにせよ浮気の代償はあまりにも大きすぎた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.