ファッションアイコンとして人気のスキ・ウォーターハウスが、日本のバンドBALZAC(バルザック)のパーカーをファッションに取り入れた。(フロントロウ編集部)

スキ・ウォーターハウス、BALZACのパーカー

 モデルとして英Vogueなど数々のファッション雑誌の表紙を飾り、最近では映画『ジョナサン-ふたつの顔の男-』などに出演する俳優として活躍するイギリス出身のスキ・ウォーターハウス

 そんな彼女を、アメリカのロサンゼルス国際空港でキャッチ。

画像1: スキ・ウォーターハウス、BALZACのパーカー

 フライトを終えた直後で、リラックスした様子のスキは、全身黒コーデにカラーレンズのサングラスを合わせて移動。

 そんなスキのパーカーをよく見てみると、こんな言葉が…。

 「全能ナル無数ノ眼ハ死ヲ指サス

画像2: スキ・ウォーターハウス、BALZACのパーカー

 じつはこれ、その下にも大きく描かれているとおり、京都出身のバンドBALZAC(バルザック)のバンドパーカーで、『全能ナル無数ノ眼ハ死ヲ指サス』は、2000年に初リリースされた懐かしのアルバム。

 イギリス人のスキが身につけるアイテムとしては、かなりコアといえるパーカーをどうやって手に入れたのかは分からないけれど、過去には、LA発のスケートボードブランドのPrimitive Skateboardingと日本の食品メーカーのキッコーマンがコラボしたサンダルを愛用していると、米Vogueで話していた。

画像3: スキ・ウォーターハウス、BALZACのパーカー

 ちなみに、スキという名前はイギリスでいつも日本名と間違われるそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.