おばあちゃんが、紅茶と間違えてコンドームを買って帰ってきてしまったら…?(フロントロウ編集部)

紅茶とコンドームのパッケージは似ている?

 イギリスに住むジェマはある日、76歳のおばあちゃんに、スーパーで間違えて購入してしまった商品を返品してほしいと頼まれたそう。

 76歳のおばあちゃんが、近くのスーパーAsda(アズダ)で、約2,400円を払って買ってきたものは…?

 なんと、Durexのコンドーム! しかも、30個入り。

 おばあちゃんが買ってきたのは、赤いパッケージのものだったという。

 ジェマがフェイスブックで明かしたところによると、この日おばあちゃんはメガネをしないで買い物に出かけてしまったそう。また、おばあちゃんは紅茶の棚から商品を取ったと言っているそうで、様々なハプニングが重なった結果、このようなことが起こったよう。

 スーパーの荷物の中に紅茶ではなくコンドームが入っていることに気がついたのは、おじいちゃんだったそうで、間違えて2,400円を使ってしまったことに少し不機嫌になってしまったおじいちゃんは、「なんでコンドームなんて買ったんだ、おバカなのか?」と言っていたそう。

 その後、ジェマがスーパーへ行って事情を話したところ、従業員もその場で大爆笑。無事に商品を返品交換できたという。

 しかしこの日はバレンタインデー直前だったそうで、ジェマは、「スーパーで私がこれを返品してるのを見た人は誤解しないでよ(笑)」とコメントしていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.