人気シンガーのブリトニー・スピアーズがダンス中に脚を骨折したことを恋人のサム・アスガリが明かした。(フロントロウ編集部)

ブリトニーが左脚を骨折

 無期限で活動休止しているブリトニー・スピアーズは、SNSを通してファンに元気な姿を見せていたけれど、じつはつい数日前に骨折していたことが発覚。ブリトニーは病院を訪れていたが容体が明かされていなかったため、どのような状況なのかが不明だったけれど、12歳年下の恋人サム・アスガリが病院のベッドの上にいるブリトニーとの2ショット写真を公開。

 ブリトニーの左脚には、足の甲からひざ下までを覆うギプスが巻かれており、痛々しいのが一目瞭然。しかし、そのギプスにサムがブルーとグリーンのマジックでブリトニーが2000年にリリースした楽曲「ストロンガー」とかけて「STRONGER」というメッセージを残し恋人の復活を願った。

画像: ブリトニーが左脚を骨折

 またサムはその投稿では「何かが壊れてしまった時、より強く生まれ変わることができる。特に僕の女性だったらね。僕のライオンは彼女が好きなダンスをしている時に足の中足骨を骨折してしまったんだ。ジャンプしたり走ったりダンスをしたりできるようにしっかり回復することを願うよ」と、ブリトニーに愛のメッセージを送った。

 ブリトニーとサムは2016年にリリースされたティナーシェのコラボ曲「スランバー・パーティ」のMV撮影で知り合い、その後寿司デートをきっかけに急接近。2020年で交際約3年になるが、現在でもラブラブで、サムはブリトニーを傍でサポートし続けており、今回ブリトニーが骨折した際も病院へ足を運びブリトニーを励ました。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.