カルト的人気を誇る、ミュージカル・ホラーコメディ映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(Little Shop of Horrors)』のリメイク版に、キャプテン・アメリカ役でお馴染みの俳優クリス・エヴァンスが出演すると報じられている。(フロントロウ編集部)

カルト的人気の作品が再リメイク

 1960年に公開され、1986年にミュージカル化されたホラーコメディ映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(Little Shop of Horrors)』の再リメイク化がウワサされるなか、出演者にクリス・エヴァンスの名前が浮上している。

画像1: カルト的人気の作品が再リメイク

 『リトルショップ・オブ・ホラーズ』は、カルト的人気を誇るいわゆるB級ホラー映画。花屋を舞台に、人の血をエサにするオードリー・ジュニアと名づけられた不気味な植物と個性強めな登場人物の人間関係が描かれる映画は、1960年に公開され、80年代にミュージカル化。ミュージカル版は、ブロードウェイほか日本でも人気のミュージカル作品として長らく人気を博している。

画像: Little Shop of Horrors(1960)

Little Shop of Horrors(1960)

 そんな作品のリメイク版は、ワーナーブラザースのもとでリメイク制作が進められているといい、同作のキャスティングについて第一報を報じた米Hollywood Reporterによると、クリスは物語の鍵を握るキャラクター役として出演が交渉されているという。

 この報道になんとクリス本人がツイッターで反応。歯の絵文字にビックリマークをつけたツイートをして、同作の登場人物のひとりである、人の痛みを見て快感を得る変態的な趣味を持つ、サディストな歯医者を演じることを匂わせた。

 さらに同作には、『キングスマン』シリーズで大ブレイクし、エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』で主演に大抜擢されたタロン・エジャトンも主演として出演が交渉されているほか、5月にMCUの新作映画『ブラック・ウィドウ』の公開を控えるスカーレット・ヨハンソンも主演の候補にあがっているという。

画像2: カルト的人気の作品が再リメイク

 また、アワードシーズンに奇抜な衣装を着用することで話題のビリー・ポーターは、すでに出演が決定している。

画像3: カルト的人気の作品が再リメイク

 ご存知の通り、クリスとスカーレットは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画『アベンジャーズ』シリーズや『キャプテン・アメリカ』シリーズに出演したマーベル・ファミリーで、2人は同シリーズを含め過去に8作品で共演歴がある。2人の出演が決まれば、クリスとスカーレットは9度目の共演となる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.