新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、トム・クルーズ主演の映画『ミッション:インポッシブル』の最新作の撮影が出来ない状態が続いている。(フロントロウ編集部)

『ミッション:インポッシブル』も任務完了できず

 世界に大きな影響をもたらしている新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2021年7月23日に全米公開を予定している映画『ミッション:インポッシブル』の最新作の撮影が難航している。

 シリーズ7作目となる最新作の撮影は、物語の舞台となる水の都ベネチアがあるイタリアで行なわれていたが、同国での感染拡大を受けて撮影が中止。なお、同シリーズで主人公のイーサン・ハントを演じるトム・クルーズはこの撮影に参加しておらず、イタリアに入国していないとのこと。

画像: PARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom

PARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom

 映画を配給するパラマウント・ピクチャーズは、「キャストとクルーの健康と安全を十分考慮し、地元ベネチア市が新型コロナウイルスの感染拡大で公共イベントを中止したことを受けて、我々はベネチアでの3週間の撮影計画を変更し、『ミッション:インポッシブル7』の撮影期間を延期することを発表します」と声明を発表した。

 同作の撮影が行なわれていたベネチアでは、世界3大カーニバルのひとつであるベネチアのカーニバルが開催されていたが、23日以降のイベントは中止となった。

画像: 『ミッション:インポッシブル』も任務完了できず

 また、イタリア・ミラノで開催されたファッション・ウィークでは、アルマーニ(Armani)が無観客でのファッションショーを開催したほか、最終日はすべてのショーが中止となった。感染拡大を懸念する声が広がり、観光地を閉鎖する動きも出ている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.