人気DJユニットのザ・チェインスモーカーズが、音楽活動に専念するためにSNSから距離を置くことを発表した。(フロントロウ編集部)

チェンスモがSNSを休止

 ザ・チェインスモーカーズの大ヒット曲「クローサー」を、日本の俳優である新田真剣佑がカーバーして大きな話題を呼んでいるなか、同ユニットがインスタグラムに投稿していたポストをすべて削除し、新たな投稿でSNS上での活動を休止することを発表した。

画像: チェンスモがSNSを休止

 「みなさん、こんにちは。僕たちは、新しいチャプターとなる音楽を作るために時間をもらいたいと思います。すでに4枚目のアルバム作りに励んでいますが、しばらくソーシャルメディアでの活動を休止(公式のものは除く)して、必要な時に注目してもらうようにします。みなさんが僕たちを恋しく思ってくれたら嬉しいし、僕たちも恋しくなります。僕たちの居場所を知っているなら現実世界で会えますよ。僕たちを見かけたら恥ずかしがらずに声をかけてね。そうでなければ、また戻ってくるよ。でも、次にここで会う時は4枚目のアルバムが完成した時です…。さぁ、アルバム作りに取り掛かります」

この投稿をInstagramで見る

#TCS4

The Chainsmokers(@thechainsmokers)がシェアした投稿 -

 4枚目のニューアルバムの制作に専念するために、SNSの更新を控えることを820万人以上いるインスタグラムのフォロワーへ発信したザ・チェインスモーカーズのメンバー。

 公式ツイッター、フェイスブックにも同様の声明文を公開し、しばらく“SNS上”での活動を休止することを報告した。

 しばらくの間SNS上での活動は休となるが、ザ・チェインスモーカーズは現時点で2020年10月までアメリカやヨーロッパでのイベントを予定しており、アーティスト活動は引き続き行なわれる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.