Photo:ゲッティイメージズ,スプラッシュ/アフロ,Instagram
マイリー・サイラスが新曲のレコーディングをしていた恋人のコーディー・シンプソンの歌唱力をアップさせるために“してあげた事”が完全に「18禁」。(フロントロウ編集部)

まさかの方法で協力

 2019年の10月から交際しているシンガーのマイリー・サイラスコーディー・シンプソン。年末には破局のウワサも流れたものの、2人はいたって順調な交際を続けているようで、マイリーは、最近行なわれたコーディーの新曲のレコーディングにも協力していた。

画像: まさかの方法で協力

 その時の模様を撮影した数枚の写真をコーディーがインスタグラムで公開。

 フェイスタイムかビデオ通話によりコーディーのレコーディングの模様を見守っていたとみられるマイリーは、笑顔を浮かべながらマイクに向かう彼の写真に、こんなコメントを残してフォロワーたちの笑いを誘った。

「あなたがレコーディングしている最中に私がオッパイを見せてあげた時のスクリーンショットはどこ?」

 つまり、マイリーは、歌唱中のコーディーに向かって、洋服をたくしあげ、自分のバストを見せたということのよう。

 マイリーのセクシーで突飛な行動には、じつは彼女なりの理由があるらしく、マイリーは、続けて「ヒント:笑いながら歌うと歌声が明るくなってピッチも改善されるんだよ! どういたしまして!」とコメント。笑うことで緊張がほぐれ、歌唱力がアップすると説明した。

 シンガー業の傍ら、「プリンス・ネプチューン(Prince Neptune)」の名義で詩人としても活動しているコーディー。4月には、彼が18歳の頃から書き溜めてきた詩や言葉を集めた書籍が発売されるそうで、今回レコーディングしていたのは、それに合わせてリリースされる楽曲のよう。

 ちなみに、マイリーとコーディーは2019年末に「Banditand Bardot(バンディット&バルドー)」というユニット名らしき商標を米国特許商標庁に共同で申請しており、もしかしたら2人で音楽活動をスタートさせるのではないかという説もささやかれている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.