ディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」にて、「卒業シーズン!学園・青春特集」としてディズニー作品30作以上が3月6日(金)より配信される。(フロントロウ編集部)

卒業シーズンにぴったりなディズニー作品といえば?

 出会いと別れ…卒業シーズン真っ只中の今、ディズニー公式の動画配信サービス「ディズニーデラックス」から、学園・青春をテーマにしたドラマ・映画が30作品以上も配信される。

【ディズニーデラックスとは?】
 ディズニーが持つ 4 つのブランド、ディズニー/ピクサー/スター・ウォーズ/マーベルの
映像コンテンツが楽しめるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめる、ディズニー公
式動画配信サービス。動画配信アプリ「Disney THEATER(ディズニーシアター)」を中心に、動画以外のコンテンツが楽しめるアプリ「Disney DX(ディズニーDX)」、「STAR WARS
DX(スター・ウォーズ DX)」、「MARVEL DX(マーベル DX)」の 4つのアプリで構成されており、月額 700 円(税抜)、はじめてなら初月無料で利用できる。

 配信作品の一部から、テーマ別におすすめ作品をご紹介。

【恋愛編】『ティーン・ビーチ・ムービー』

 サーファーのブレイディとマッケンジー。大波にさらわれてしまった 2 人は、60 年代ビーチ・ミュージカル映画でバイカーとサーファーが対立する「ウェット・サイド物語」の世界へ迷い込む。サーフィンと歌とダンスがあふれる世界で、ブレイディとマッケンジーはひょんなことから映画のストーリーを変えてしまう。なんと主人公とヒロインが恋に落ちるのではなく、それぞれがブレイディとマッケンジーを好きになってしまった! 果たして、彼らはすべてを元通りの状態に戻せるのか? それとも映画の世界に閉じ込められてしまうのか...?

画像1: © 2020 Disney

© 2020 Disney

【友情編】『モンスターズ・ユニバーシティ』

 幼い頃から怖がらせ屋になるのが夢だったマイク・ワゾウスキは、優秀な怖がらせ屋を多数輩出しているモンスターズ・ユニバーシティに入学する。だが入学早々、自信家のジェームズ・P・サリバン、通称サリーと出会い、マイクの計画は思わぬ方向へ。ふたりは互いへのライバル心から騒動を起こし、遂には大学のエリートが集う怖がらせ学部から追放されてしまう。夢への扉を一時的に閉ざされてしまったふたりは、学部に戻るため、ぱっとしないモンスターたちと手を組み難題に挑む。『モンスターズ・インク』の前日譚。

画像: © 2020 Disney/Pixar

© 2020 Disney/Pixar

【一致団結編】『天使にラブソングを2』

 シスター・メアリー・クラレンスとして正体を隠し、問題を抱える母校へ赴く。乗り気でなかった生徒たちも、学校が閉鎖されることを知ってからは聖歌隊の活動に真面目に取り組むようになっていく。その中でただ1人、リタはみんなを焚きつけて授業を放棄させようとするが、孤立して学校を出ていってしまう。母親に自分の夢を否定されることに思い悩むがゆえにリタが反抗的な態度を取っていたと知ったデロリスは、リタに少しずつ働きかけていき、リタも次第にデロリスに心を許すようになっていく。

画像2: © 2020 Disney

© 2020 Disney

【卒業の定番】『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』

 卒業を控えたトロイとガールフレンドのガブリエラ、そして高校生活を共に過ごした級友たち。一緒に作る最後の思い出が一生心に残るものとなるように、それぞれが胸に抱く未来への希望や不安など等身大の自分たちを表現した“ミュージカル”を上演することに。ところが卒業の日が近づくにつれ、別れへの不安や進路の迷いなどに押しつぶされて、大切な“今この瞬間”を見失いそうになってしまう。そして、別々の大学への進学が決まっているトロイとガブリエラは...。

画像3: © 2020 Disney

© 2020 Disney

 恋に友情、そして将来を思い悩む姿を描いた、この季節だからこそ見たい学園・青春作品が勢揃い。

 上記の作品のほかにも、『ハイスクール・ミュージカル』、『ハイスクール・ミュージカル 2』、『ディセンダント』、『ディセンダント 2』、『ディセンダント 3』、『ティーン・ビーチ 2』、『ゾンビーズ』。『イケてる私とサエない僕』、『アヴァロン 千年の恋』、『カンペキ・ボーイ』、『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー』、『キャンプ・ロック』、『キャンプ・ロック 2 ファイナル・ジャム』、『ロード・トリップ/パパは誰にも止められない!』、『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』などが、3月6日から配信される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.