ロビン・ウィリアムズの娘ゼルダ・ウィリアムズが、大掃除である1枚の写真を発見。そこには、今は亡きロビンが…。(フロントロウ編集部)

ゼルダが大掃除中に見つけたもの

 世界各国で広がる新型コロナウイルス対策として、多くの人が始めている自主隔離。家に引きこもるなかで、シンガーのジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバー夫妻はドラマ『フレンズ』の一気見、Netflix『クィア・アイ』のアントニ・ポロウスキは料理動画を公開するなど、多くのセレブがそれぞれの過ごし方で時間を使っている。

 映画『アラジン』のジーニー役などで有名な故ロビン・ウィリアムズの娘ゼルダ・ウィリアムズは、ウイルス撃退も兼ねてか、大掃除をしているそう。時間が有り余る今、掃除はかなり大がかりなものとなったようで、昔懐かしの品も出てきた。そこで、ある1枚の写真を、ゼルダがツイッターでファンに公開した。 

「隔離中の春の大掃除で、古い楽しい宝物が出てきた」

 ゼルダが見つけたのは、父ロビンと昔フォトブースで撮った写真。ゼルダの父であるロビンは、コメディアンであり俳優。映画『アラジン』や『ジュマンジ』などでは観客を笑わせ、『今を生きる』や『パッチ・アダムス』などでは観客を泣かせてきた才能を持つ。多くの後輩たちからも慕われており、俳優のウィル・スミスや、『アナと雪の女王』のオラフ役であるジョシュ・ギャッドなどは、彼の死後も敬意の念を表している。

 ロビンの死は自死だったことから、家族はもちろんのこと、多くの著名人やファンが、彼が残したものに涙してきた。そんなロビンが、娘と楽しそうに、ひょうきんに写真を撮るプライベートな姿には、感動せずにはいられない。ゼルダのツイッターには、多くのファンから愛のあるコメントが寄せられている。

数ヵ月前にもファンを泣かせたゼルダ

 じつはゼルダは、2019年の年末にも“偶然”ファンを泣かせていた。この時ゼルダがしたことは、インスタグラムのディズニーキャラクター診断。『シンデレラ』や『リトル・マーメイド』など、多くのキャラクターが用意されているこの診断で、ゼルダの頭の上に出たのは?

 そう、『アラジン』のジーニー。さすがに、多くのキャラクターのなかからランダムで選ばれるアプリで、父が演じたジーニーが出てくるのはゼルダにとってもサプライズだったようで、ジーニーが出てきた瞬間に吹き出していた。しかし娘のゼルダは笑っていても、ファンにとっては胸アツな出来事。この時もまた、コメント欄では感動で泣きそうなファンからの声が多く届いていた。(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.