ドラマ『ウォーキング・デッド』の人気キャラクターのミショーンが、シーズン10の13話でついにドラマを卒業する。(フロントロウ編集部)

『TWD』ミショーンが卒業

 社会現象になった大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』でメインキャラクターのひとりで、日本刀を操るミショーンを演じたダナイ・グリラが、現在放送・配信中の同作シーズン10の最新エピソード13話でついに降板する。

画像: 『TWD』ミショーンが卒業

 これに伴い、ダナイと一緒にドラマを引っ張ってきたダリル役ノーマン・リーダスが、有終の美を飾るミショーンの門出を祝った。また、番組の公式SNSアカウントはミショーンの映像をまとめた動画を公開して、ドラマを卒業するダナイに感謝を告げた。

この投稿をInstagramで見る

This lady. Tonight. Badass ❤️

norman reedus(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Thank you for everything @danaigurira. #TWDFamily #TWD

The Walking Dead(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 -

 さらに同作の現場責任者のアンジェラ・カンは、ダナイの撮影最終日の写真をインスタグラムに投稿。最終日にはミショーンの形をしたケーキが用意されたほか、ノーマンの隣で花火を見届けるダナイの姿などが公開された。

ダナイがミショーンを振り返る

 ついにドラマを卒業するダナイは、キャスト陣が『ウォーキング・デッド』の裏話を話すトーク番組『トーキング・デッド』で、シーズン2から長らく演じてきたミショーン役をこう振り返った。

「(ミショーンという)進化していくストーリー性のあるキャラクターを演じることができて光栄です。彼女の様々な人柄を見て、最後に行きつく先までたどり着くことが出来て嬉しい」「大勢の人から反響があったけど、この数年で届いた女性や女の子たちによるキャラクターへの愛は本当に私を励ましてくれた」

「視聴者とファンの愛でコネクションを築くことができて幸せです。そういった関係は間違いなく私の財産となるでしょう」「一緒にドラマを作ってきたカメラの裏にいる素晴らしい人々は、『ウォーキング・デッド』ファミリーに対する愛と同じくらい大切な存在。彼らと知り合えたことに感謝しきれません。このつながり、友情、愛、そしてファミリーへの思いはいつまでも続きます」

ミショーンの今後は?

 シーズン10では、仲間と別れて単独行動をするミショーン。ケヴィン・キャロル演じるヴァージルとともに、大量の武器が貯蔵されているというブルーズワース島へと上陸するが、ミショーンは何かを隠すヴァージルに不信感を抱くように。ミショーンにとっての最終回に待ち受けるものは一体…?

 最後のドラマ出演後は、シーズン9で降板したアンドリュー・リンカーン演じるリックを主人公とした映画版『ウォーキング・デッド』への出演がウワサされるミショーン。彼女の運命はどうなるのか。その答えは、今夜23時からHuluやU-NEXTのFOXチャンネルで日本最速配信される『ウォーキング・デッド』シーズン10の13話「選択」で明らかになる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.