リアリティスターのキム・カーダシアンが、かれこれ10年以上続いている夫でラッパーのカニエ・ウェストとシンガーのテイラー・スウィフトのバトルについて“最後の反論”をした。(フロントロウ編集部)

キム・カーダシアンが怒涛の連続ツイート

 人気リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するキム・カーダシアンが、夫でラッパーのカニエ・ウェストと敵対関係にあるシンガーのテイラー・スウィフトに向けて、怒りの長文コメントを自身のツイッターに投稿した。

テイラーvsカニエのバトルを振り返る

画像: 2009年のVMAにて。受賞スピーチを行なっている最中に、突如ステージに乱入してきたカニエにマイクを奪われ、ただぼう然と立ち尽くすテイラー。

2009年のVMAにて。受賞スピーチを行なっている最中に、突如ステージに乱入してきたカニエにマイクを奪われ、ただぼう然と立ち尽くすテイラー。

 2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードでカニエがテイラーのスピーチを妨害した事件を発端に、10年以上バトルを繰り広げているテイラーとカニエ。一時は関係が回復したと言われていたものの、2016年にカニエが発表した楽曲『フェイマス』の中に、テイラーを侮辱するような歌詞が含まれていたことや、同曲のMVに全裸のテイラーを模したろう人形を登場させたことでバトルが再燃。ここ2年ほど表立った動きはないものの、いまだ関係修復にはいたっていない。

 ご存じの方も多いと思うが、2009年に起きたスピーチ妨害事件がきっかけで仲違いしたカニエとテイラーは、カニエが2016年にリリースした楽曲「フェイマス(Famous)」に出てくる歌詞をめぐって大揉めしたことで、さらに関係が悪化した。最近はバトルが沈静化していたが、つい先日、テイラーとカニエの会話の内容を記録した映像が流出したことで騒動が再燃。

画像: キム・カーダシアンが怒涛の連続ツイート

 今回流出した映像について、テイラーが“そんなことよりももっと重要な問題(新型コロナウイルス)に目を向けましょう”と言いつつ、「誰かさんが違法に録音して編集したうえに、情報操作までして、私だけでなく、私の家族やファンの子たちに4年ものあいだ地獄のような苦しみを与えた」と皮肉を込めてコメントしたことが、キムの逆鱗に触れてしまった。

 以下、キムのコメント全訳。

 「テイラー・スウィフトは昔のやりとりを再燃させることを選んだ。(新型コロナウイルスの感染拡大によって)数百万という“本当の被害者”の人たちが苦しんでいることを考えると、ものすごく利己的な行動よね。

 数日前まではとくにコメントをする必要はないと感じてた。だから、今こうしてこの話をしていることが恥ずかしいし、悔しい。でも、彼女が例の件について話をするのをやめないから、仕方なく返事をさせてもらうことにするわ。だって彼女は嘘をついているから。

 誤解のないように言うと、この件に関する私の唯一の問題は、テイラーが彼女の広報担当者を通じて、『カニエが許可を取るために電話をしてきたことは一度もない』と嘘をついたことだけ。2人が話をしたのは事実だし、それをみんなにも見てもらった。(カニエの楽曲『フェイマス』の歌詞に出てくる)『ビッチ』という言葉が彼女の許可なく使われたことを否定する人は誰ひとりとしていなかった。

 2人があの曲について話をした時点では、歌詞はまだ完成途中だった。でもあの映像を見てわかるように、テイラーと彼女のチームは実際の会話を歪曲し、声明文で“女性嫌悪と取れるメッセージが含まれた楽曲をリリースすることを拒否するとともに警告をした”と発表した。私が言う彼女の嘘は『ビッチ』という言葉に関するものじゃなくて、実際に電話があったかのかどうかと、その時の会話のトーンのことなの。

 私は映像を編集したことは一度もない。(これはまた別の嘘ね)要点を伝えるために複数の動画をスナップチャットに投稿しただけで、最近流出したフル映像を見てもこれまでの話と相違する点はない。

 さらに付け加えると、カニエもアーティストだから、テイラーが(Netflixの)ドキュメンタリー番組でやったのと同じように、音楽を作る時のプロセスやその背景にある物語を記録する権利がある。

 カニエはアーカイブとしてすべてのアルバムの制作工程を個人的に記録しているけど、こういったことのためにそれらの記録を公開したことはただの一度もないわ。2人のあいだにあったやりとりはプライベートなもので、彼女が嘘をつかなければゴミ箱行きになっていた。でも、彼を守るために公開するしかなかった」 

 ちなみに、キム自身うんざりしているのか、「この件について私が話をするのはこれが最後よ。だって、みんなもう興味ないでしょ。退屈にさせてしまってごめんなさいね。みんながもっと深刻で重要な問題と向き合っているのはわかっているから」と、この件についてコメントすることはもう二度とないとファンに誓っている。

 カニエがこの件についてコメントすることは恐らくないので、キムが「これで最後」と言ったということは、今度こそ終わり?それとも…?現時点でテイラーは一切反応していない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.