ラッパーのミーク・ミルが、昨年12月に新型コロナウイルスの症状にそっくりな“謎の病”におかされていたことを明かした。(フロントロウ編集部)

知らない間に新型コロナに感染&完治していた可能性を示唆

 元恋人で同じくラッパーのニッキー・ミナージュに暴力を振るった・振るってないで、大バトルを繰り広げたことが記憶に新しいミーク・ミルが、現在、世界的に大流行している新型コロナウイルスに、昨年12月の時点で「感染していたかもしれない」と自身のツイッターで打ち明けた。

 「去年の12月、ちょうどクリスマスの時期にものすごく体調が悪かったんだ。インフルエンザみたいな症状だった。(あまりの苦しさに)毎日のように、年寄りだったら生き延びられないだろうと自分に言い聞かせてた。ほとんど動くことができなくて、7キロくらい体重が減った。あんなに具合いが悪くなったのは生まれて初めてだ。ちなみに、あれがなんだったのか医者からは何も聞かされてない」

 ミークの突然の告白に「インフルエンザみたいな症状ということは、インフルエンザだったのでは?」という声もあるようだが、それだと医者からインフルエンザと診断されなかったことの説明がつかない。発症からすでに3ヵ月近く経過しているうえに、現在は完治しているようなので、真相は闇の中だが、世界中でこれだけ感染が拡大していれば、自分も「新型コロナウイルスに感染していたかもしれない」と疑心暗鬼になってしまうのも無理ない。

画像: 知らない間に新型コロナに感染&完治していた可能性を示唆

 じつは、ラッパーのスタイルズ・Pもミークと同様の告白をしており、自身のツイッターで「1月に死にかけた。これまでインフルエンザにかかったことはないし、仮にかかったとしても1日や2日で回復してたはず。1月に1週間くらいずっと具合いが悪くて、体重も4キロくらい減った。ロナ(※新型コロナウイルスのこと)に感染してたんだ。あれは間違いなくロナだ」と、“謎の病”による壮絶体験を振り返っている。

 新型コロナウイルスをめぐっては、昨年12月に中国で初めて感染者が確認されたということになっているが、じつはそれ以前からじわじわと流行していたことを指摘する声も上がっている。ちなみに、ここ数ヶ月間のあいだに、ミークやスタイルズに中国への渡航歴があったのかどうかはわかっていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.