メイクの仕上げに欠かせない「ルースパウダー」のメリットと使いこなすコツをメイクのプロが伝授。(フロントロウ編集部)

ルースパウダーとは?

 ルースパウダーとは、メイクの仕上げやメイク直しに便利な粉状のコスメのことで、空気のような軽いつけ心地と自然なツヤ感を与えてくれるのが特徴。

画像: ルースパウダーとは?

 ファンデーションやBBクリームなどを塗った後にサッとルースパウダーを纏うことで、ベースメイクが肌にピタッと密着。メイク崩れを防ぐだけでなく、毛穴を目立たなくして内側からにじむようなツヤ肌に導いてくれる。

プロがイチオシする理由

 仕上げコスメは、ルースパウダーの他にも「プレストパウダー」や「セッティングスプレー」などがあるけれど、ニューヨークで活躍するメイクアップアーティストのアシュレイ・チュッチによると、トレンドのツヤ肌メイクには、ルースパウダーを使うのがオススメ。

画像: プロがイチオシする理由

 その理由についてアシュレイは「ルースパウダーは、きめ細かい粒子で出来ているから、肌にムラなく均一にフィットして、自然でツヤのある仕上がりになるから」と米メディアMakeup.comでコメント。一方でアシュレイは、「プレストパウダーはカバー力が高いけれど、マットな仕上がりになってしまう」と明かした。

 セッティングスプレーも、一見すると万能に見えるけれど、アシュレイは「メイクは濡れたものと乾いたものを組み合わせることで長持ちする」と、スプレー単体で使うよりもルースパウダーの後に使うことで、よりキープ力が高まると話している。

ルースパウダーの便利な使い方

 ふんわり軽いルースパウダーでも、乾燥した肌に塗ったり、何度も塗り重ねたりすると粉っぽく古臭いメイクになってしまうため、アシュレイは「大きめのブラシを使ってルースパウダーをつけたら、必ずトントンと余分な粉を落としてから塗ること」とアドバイス。

画像: ルースパウダーの便利な使い方

 さらにアシュレイは「肌のツヤ感を残したいから、塗る場所は皮脂分泌の多いTゾーンがメイン。額から鼻筋にかけてふわっと塗り、他の部分は撫でるくらいで充分」と付け加えた。

口紅のキープ力もアップできる?

 ルースパウダーは、ベースメイクのキープ力を高める以外にも使い道があるそうで、アシュレイは「口紅の持ちを良くするのにも使えるわ」とコメント。

画像: 口紅のキープ力もアップできる?

 使い方もいたって簡単で、口紅を塗った後に唇にティッシュを乗せ、その上からルースパウダーを軽くつけるだけ。アシュレイは「ほんのりマットな仕上がりになって、普段より長持ちするよ」とも明かしている。

 自然なツヤ肌に仕上げてくれる便利なルースパウダー。新しい仕上げコスメをお探しの人は、ぜひプロの意見を参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.