ジェルネイルが伸びてくると、だんだん気になってくるのが、根元の隙間。そんなジェルネイルの悩みをセルフで解決する、簡単でオシャレな対処法をご紹介。ネイルサロンに行けない人やまたデザインを変えたくない人は必見。(フロントロウ編集部)

自爪が伸びて目立ってきた…

 ツヤのある仕上がりと耐久性の高さから、ネイルのなかでも人気の高い「ジェルネイル」。約3~4週間と長期間楽しめるのが魅力だけれど、3週目ごろから徐々に自爪が見えてきて、少しずつ見栄えが気になってくるもの。

画像: 自爪が伸びて目立ってきた…

 かといって、ジェルネイルは一般的なネイルポリッシュと違って「オフ」するのに手間がかかり、また頻繁にオフすると自爪に大きな負担がかかるためできれば避けたい。

 そこで今回は、ネイルサロンに行かずに短時間でサッと解決! ジェルネイルの伸びた部分を目立たなくする方法を海外のオシャレなネイルデザインを参考に紹介。

ラメ入りネイルポリッシュを塗る

 ジェルネイルが伸びてきたら、試してみたいのがラメネイル。伸びてきた部分を埋めるようにラメを塗ることで、エレガントな指先に早変わり。ラメは多少まばらに塗っても目立たないので、不器用な人でも安心。

可愛いラインストーンをつける

 ラインストーンやジェムなども、伸びてきた自爪を隠すにはもってこいのアイテム。根元全体にストーンをあしらって華やかさを演出しても良いし、クリアベースのデザインの場合は、根元の中心にワインポイントでつけても可愛い。

アウトラインを描く

 根元の隙間を黒のネイルポリッシュで塗り、あえて目立たせる「根元フレンチネイル」。ブラックを入れるだけで一気にシックな印象になってオシャレ。ホワイトやゴールドを使うと、また違った魅力を楽しめそう。

 伸びてくると自爪が気になるジェルネイルも、工夫次第でさらに長く楽しむことができるので気になる人はぜひ参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.