まつ毛を挟んで美しいカールを作るビューラー。その使い方でまつ毛の仕上がりが変わるけれど、使うタイミングを工夫するとメイクの仕上がりまで変わるという。プロが実践する裏技をチェック!(フロントロウ編集部)

プロがこだわるビューラーのタイミング

 アイメイクをするとき、ビューラーを使ってまつ毛を上げる人が多いと思うけれど、どのタイミングで使っている? プロのメイクアップアーティストこだわりのビューラーを取り入れるタイミングと、その理由をご紹介。

画像: プロがこだわるビューラーのタイミング

スキンケアの段階でまつ毛を上げる

 ビューラーを使用するうえで、注意が必要なのがその順番。一般的にアイメイクの行程でビューラーを使う人が多いと思うけれど、プロが実践しているのはメイク前にビューラーを使うという裏技。

画像1: スキンケアの段階でまつ毛を上げる

 ニューヨークを拠点とするメイクアップアーティストのアンドリュー・コルビンはビューラーを使う順番について、「メイクに入る前のスキンケアの段階でまつ毛カーラーを使うのがオススメ」と米メディアSELFにコメント。プロが明かしたのは、ベースメイクよりも前のスキンケア中にまつ毛をカールさせるという意外なテクニック。

 アンドリューによると、メイク前のスキンケアの段階で使うことで、ビューラーで目元のベースメイクが崩れたり、アイメイクが崩れたりといったトラブルが避けられるという。

画像2: スキンケアの段階でまつ毛を上げる

 さらに、まつ毛をカールさせた状態でメイクに入ることで、自分の目の形をしっかりと把握することができるため、目の形に合ったバランスのよいアイメイクが作りやすくなるというメリットも。

 また、まつ毛はカールするとぐんと存在感を発揮するため、仕上がりを左右する重要なパーツ。アイシャドウやアイラインの後にまつ毛をカールさせると、仕上がりが想像と違うということもあるけれど、メイクの前にカールさせることで、そういったこともなくなり、目元の魅力を生かしたアイメイクが作れるそう。

 プロがオススメする、ビューラーの意外な使い方。美しいまつ毛だけでなく、アイメイク全体の仕上がりも変わるというから、気になった人はぜひ取り入れてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.