セレブたちの離婚劇といえば、円満離婚であれば資産の分割や養育費の話し合いで終わるけれど、慰謝料をともなうドロ沼離婚になった場合、その金額は巨額。セレブが過去に支払った、一般人には理解できないほどの慰謝料額をご紹介。(フロントロウ編集部)

ジェフ・ベゾス/マッケンジー・ベゾス:3兆8,500億円

画像: ジェフ・ベゾス/マッケンジー・ベゾス:3兆8,500億円

 アマゾン(Amazon)のCEOであり、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と「世界一の富豪」の座を争っているジェフ・ベゾスは、アマゾンを立ち上げる前から結婚していたマッケンジー・ベゾスと、24年間の結婚生活ののち2019年に離婚。ジェフの不倫や、社会貢献に対する価値観の違いが原因とみられる。

 アマゾン創設当初は、経理や配送などの仕事をサポートしていたマッケンジーは離婚後、アマゾン株約4%を受け取った。この株の価値は、なんと350億ドル(約3兆8,500億円)! この株を受け取ったことにより、マッケンジーは離婚後に、最も裕福な富豪ランキングの女性版で3位に。しかしマッケンジーは、その資産の半分を慈善運動に寄付した。

タイガー・ウッズ/エリン・ノルデグレン:825億円

画像: タイガー・ウッズ/エリン・ノルデグレン:825億円

 プロゴルファーとして生涯獲得賞金の歴代1位を誇るタイガー・ウッズが、世間を大騒ぎさせた事件といえば、2009年に複数の女性との不倫が発覚したこと。その後、セックス依存症であり、セラピーに通っていると公表した。当時タイガーは、モデルのエリン・ノルデグレンと結婚していたけれど、2010年に離婚を発表。タイガーがエリンに支払った慰謝料額は、最大で約825億円(7億5,000万ドル)と言われている。

メル・ギブソン/ロビン・ムーア:470億円

画像: メル・ギブソン/ロビン・ムーア:470億円

 映画『マッドマックス』や『リーサル・ウェポン』などで知られるメル・ギブソンは、1979年にロビン・ムーアと結婚し、2011年に離婚。2人の間には7人の子供がおり、ロビンはメルが有名になる前から約30年にわたって結婚生活を続けたことから、メルの約935億円(8億5,000万ドル)の資産の半分である約470億円(約4億2,500万ドル)がロビンに渡された。

マドンナ/ガイ・リッチー:100億円

画像: マドンナ/ガイ・リッチー:100億円

 ポップの女王マドンナは2000年から8年間、映画『スナッチ』や『シャーロック・ホームズ』などの代表作で知られる映画監督のガイ・リッチーと結婚。離婚の際には、マドンナがガイに、約84億円から100億円程度を支払ったと見られている。アメリカとイギリスで生活する2人は、その数年後には息子の親権をめぐって裁判となっていたけれど、2016年に和解した。

ポール・マッカートニー/ヘザー・ミルズ:32億円

画像: ポール・マッカートニー/ヘザー・ミルズ:32億円

 イギリスを代表する世界的ロックバンドのザ・ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーは、モデルでタレントのヘザー・ミルズと、2002年から2008年まで2度目の結婚。2人の離婚裁判はドロ沼化したけれど、ヘザーは最終的に約32億円(2,430万ポンド)の慰謝料を受け取り、2人の娘の養育費として1年間で約470万円(3万5,000ポンド)を受け取っている。

ダイアナ妃/チャールズ皇太子:約23億円

画像: ダイアナ妃/チャールズ皇太子:約23億円

 英国王室のチャールズ皇太子と1981年から1996年まで婚姻関係にあり、ウィリアム王子とヘンリー王子を授かった故ダイアナ元妃。チャールズ皇太子とカミラ夫人の不倫は有名だけれど、ダイアナ妃も王室騎馬隊のジェームズ・ヒューイットと不倫していたことを認めており、責任はお互いにあったと英BBCのインタビューで話している。

 世界が注目した2人の離婚でダイアナ妃は、約23億円(1,700万ポンド)と、ダイアナ妃のオフィスの維持費として年間40万ポンド(約5,000万円)を受け取った。

ジョニー・デップ/アンバー・ハード:7億7,000万円

画像: ジョニー・デップ/アンバー・ハード:7億7,000万円

 個性派俳優の代表として知られるジョニー・デップは、2015年から2017年にかけて、モデルのアンバー・ハードと結婚。離婚裁判の際にはアンバーがジョニーのDV(家庭内暴力)を訴え、ジョニーはアンバーこそ暴力を自分にふるっていたと反論。名誉毀損で訴えかえすという、近年稀にみるドロ沼化をみせている。名誉棄損での裁判は続いているけれど、離婚裁判は終了しており、ジョニーがアンバーに約7億7,000万円(700万ドル)を支払い、アンバーはその全額を寄付したと発表した。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.