新型コロナウイルスの影響で、ヘアカットに行けない。そこでセルフでヘアカットをする人々に、『クィア・アイ』のジョナサン・ヴァン・ネスがアドバイス!(フロントロウ編集部)

人気司会者がジョナサンに相談

 5人のプロフェッショナルなゲイたち“ファブ5”が、毎エピソードごとに、変わりたいと願う1人のゲストを変身させるNetflixリアリティ番組『クィア・ファイブ』。今作で美容のプロフェッショナルとして、ゲストのヘアやメイク、スキンケアなどにアドバイスをするジョナサン・ヴァン・ネスは、元々プロのヘアスタイリスト。

画像: 人気司会者がジョナサンに相談

 そんなジョナサンが、米人気トーク番組『The Tonight Show(原題)』に自宅からテレビ電話で出演。現在は司会者のジミー・ファロンも自宅からテレビ電話で番組の進行を務めており、自宅隔離を行なうなかで、ヘアスタイリストのジョナサンに聞きたいことがあったよう。

ヘアのプロ、ジョナサンのアドバイス

 それは、セルフでヘアカットをするにはどうしたら良いかということ。

画像: ジミー・ファロン。

ジミー・ファロン。

 新型コロナウイルスの影響で、人との距離を保つように言われ始めたのは数ヵ月前。さらに現在は自宅隔離を行なうことで、美容室に行くことや、ヘアスタイリストにヘアカットを頼むことは多くの人が出来なくなっている。シンガーのピンクや、俳優のスコット・エヴァンスなど、セレブの間でもセルフでヘアカットをする人が増えており、ショートヘアのジミーも、自身の髪型をキープするにはどうしたら良いのか悩んでいたよう。そんなジミーに、ジョナサンがかけた言葉は…?

「1番重要なアドバイスは、(セルフでカットを)しないでってことかも。することじゃないよ。しないほうが良い。人の髪の毛は1ヵ月で、約0.6mmから約1.3cm伸びるのが平均的よね。だからもし最大限に伸びたとしても、5cmから7.5cm髪が伸びるわけね。新しい外見になってみたら良いじゃない。シャギーにしたほうが良いかもしれないし、少し長さを出してあげるのが良いかもしれない。ヘアカットをするのは、とっておきなさい。自宅隔離のあとに、ヘアカットをすごく失敗した姿になりたくないでしょ」

 ヘアカットは、量を減らしたり、長さのバランスを見たりと、ただカットすれば良いものではない。さらに髪の毛は、一度切ってしまえば伸びるのにある程度時間がかかるもの。プロのジョナサンからすれば、セルフでのヘアカットはリスクのあることのよう。ジョナサンの言うとおり、この機会に髪を伸ばして、新しい自分を見つけてみるのが良いかも。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.