シンガーで女優のマイリー・サイラスと、シンガーのコーディー・シンプソンが、医療現場の第一線で活躍する人たちに差し入れを持って行ったことが明らかに。(フロントロウ編集部)

マイリー・サイラスとコーディー・シンプソンが医療関係者に感謝

 2014年頃から友人関係を続けていたが、その後2019年に交際へと進展したマイリー・サイラスコーディー・シンプソン。マイリーが入院した時はコーディーがそばで支え、新型コロナウイルスで隔離生活を送っている今でもマイリーがコーディーの髪の毛を切るなどラブラブな日々を送っている。

 そして先日、マイリーのインスタグラムのライブ配信『ブライト・マインデッド:ライブ・ウィズ・マイリー』にコーディーが初出演。その際には、コーディーがマイリーに愛のメッセージを読んで話題になったけれど、今回2人はそろってあることを行なった。

 それは、新型コロナウイルスのために医療現場で働く人たちへの差し入れ。マイリーとコーディーは、そろって地元の病院へタコスを差し入れし、パッケージ1つ1つに「愛とサポートをありがとう!強くいてください」と2人の手書きのコメントも添えた。

画像: マイリー・サイラスとコーディー・シンプソンが医療関係者に感謝

 コーディーは「タコスを僕たちの地元の病院で働く素晴らしい医療関係者たちに差し入れしました!パンデミックと闘い、命を捧げる僕らの時代の真のレジェンドに感謝します。みんなもみんなのコミュニティにいる人たちに愛を見せて」とインスタグラムでコメント。そしてマイリーと差し入れした時の様子も公開した。

 お金の寄付だけでなく、病院で働く人にご飯を差し入れしているセレブはマイリーとコーディーだけではなく、シンガーのリゾも行なっており、最前線で闘う人たちに感謝の気持ちを表している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.