ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』で、バットマンがいた!? “鏡のデザイン”に注目が集まっている。(フロントロウ編集部)

『ジョーカー』でのオマージュが気になる!

 2019年に公開されて大ヒットした映画『ジョーカー』は、R15指定映画なうえ、人口の多い中国では未公開にもかかわらず、その興行収入が約1,100億円を突破。R指定映画では初の快挙だった。そんな2019年版『ジョーカー』は、これまでのDCコミックス映画で描かれてきた不気味な悪役ジョーカーではなく、現代社会を生きる1人の男性アーサー・フレックがジョーカーになっていく過程を描いたことで高く評価された。

画像: ⓒDC COMICS/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

ⓒDC COMICS/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 そのため、トーマス・ウェインや幼いブルース・ウェインは登場したものの、バットマンは今作の世界には存在しない。しかしあるファンが、セットデザインにバットマンが隠されていると指摘して、インターネット上で議論になっている。

アーサーの前にある鏡をよく見ると…

 問題のシーンは、作品初めのほうで、ピエロとして働くアーサーが事務所で支度をする時。アーサーが使用する鏡にご注目…。

画像: ⓒVanity Fair/YouTube

ⓒVanity Fair/YouTube

 鏡に写る部屋のライト2つや、鏡の周りにメモや看板のような物がくっつけられたことによって、鏡全体をよく見るとバットマンの顔に見える!? 少々強引に聞こえるこの指摘だけれど、それを知ってから見てみると、あら不思議、バットマンの顔に見えてくる。別のファンからは、鏡を逆さまに見たほうがよりバットマンの顔に見えるうえ、コウモリは逆さまになって木にぶら下がる生き物だから、逆さまから見るのが正解だという声も。

 一方で、バットマンの輪郭を描いたアウトラインが無ければ、バットマンの顔と思えなかったという声も多くあり、偶然を主張する意見も強い。とはいえ、公開から半年が経っても、いまだに話題となるほどの人気を誇る『ジョーカー』。これが意図的あろうと偶然であろうと、DCコミックスファンにとっては、いずれにせよ嬉しい発見となっている。

隠しネタを好まないトッド・フィリップス監督

 トッド・フィリップス監督は、映画に隠しネタを仕込むのは好きではないと公言していることも、一部のファンがこの指摘を信じない理由の1つ。しかし監督は、幼いブルース・ウェインがアーサーと対面するシーンで、ブルースが遊具からポールをつたって降りたのは、テレビ版『バットマン』へのオマージュだったことを認めている。

 また、『ジョーカー』でセットのグラフィックデザインを担当したのは、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン3部作の最終章『ダークナイト ライジング』のデザインも担当したクラウジオ・ジュリアーノ。彼は、『ジョーカー』で使われる救急車の後ろがジョーカーの顔に見えるようにするなどして、遊び心をもってデザインをしていたため、フィリップス監督ではなく、クラウジオや、はたまた他のスタッフの誰かが、鏡を“バットマンっぽく”した可能性はなきにしもあらず。

 ちなみに、2019年10月に米Vanity Fairのインタビューで、トッド・フィリップス監督は『ジョーカー』の各シーンについて細かく説明。アメリカのニューヨーク、マンハッタンにある建物で撮影されたこのシーンについて、ホアキン・フェニックス演じるアーサーの孤独や、心に秘める苦悩を表したと回想したけれど、鏡の件には特段触れることはなかった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.