Photo:ゲッティイメージズ,ニュースコム,Instagram
英王室のジョージ王子&シャーロット王女&ルイ王子は、離れた場所で隔離生活を送る曾祖母のエリザベス女王や祖父のチャールズ皇太子とどうやって交流している? 思わずほっこりな「やり取り」が判明。(フロントロウ編集部)

ロイヤルキッズとの心温まる交流

 現在、イギリスでも猛威をふるい続けている新型コロナウイルス。全国民に外出禁止令が出されるなか、ロイヤルファミリーの面々は、エリザベス女王と夫のフィリップ殿下がウィンザー城、チャールズ皇太子&カミラ夫人がスコットランドの別荘、そして、ウィリアム王子とキャサリン妃は、3人の子供たちとともにロンドンから170キロほどはなれたノーフォーク州の別宅アンマーホールと、それぞれ別の場所で自己隔離生活を送りながら、高位王族としての任務を遂行している。

 感染者数が増加の一途を辿るなか、イギリス国民の安全と健康を憂うエリザベス女王や、3月半ばに新型コロナウイルス検査で陽性が判明し、その後、無事回復を報告したチャールズ皇太子にとって、おそらく、何よりの癒しとなっているのが、ロイヤルキッズたちとの交流。

画像1: ロイヤルキッズとの心温まる交流

 離れた場所での隔離生活が続くなか、ある関係者は、ウィリアム王子とキャサリン妃の長男ジョージ王子(6)と長女のシャーロット王女(4)、次男のルイ王子(1)が、ビデオ通話を使ってエリザベス女王やチャールズ皇太子とコミュニケーションを絶やさないようにしていると英The Sunに証言している。

 ひ孫であるジョージ王子たちからは「ガンガン」という愛称で親しまれていることで知られるエリザベス女王。

 キャサリン妃の気遣いにより、子供たちは、可能な限り頻繁に「ガンガン」や彼らにとって曽祖父であるフィリップ殿下と通話をしたり、おしゃべりをする動画を送るなどしているそう。

画像2: ロイヤルキッズとの心温まる交流

 さらに、子供たちは、新型コロナウイルス感染症から回復してまだ程ないチャールズ皇太子とも頻繁に通話をしており、動物に詳しいチャールズ皇太子にさまざなま質問をして、野生動物や植物について学んでいるという。

 関係者は、「子供たちはチャールズおじいちゃんとおしゃべりをするのが大好きで、動物や花などに関する、役に立つ雑学をたくさん教えてもらっていますよ。子羊やリス、牛などについてお話しています」と、ジョージ王子とシャーロット王女がチャールズ皇太子との交流を心待ちにしていることも明かしている。

2018年11月、ロイヤルファミリーのポートレート撮影の現場でルイ王子と交流するチャールズ皇太子。

 チャールズ皇太子の闘病中には、手作りのお見舞いカードを作って送ったことも伝えられているロイヤルキッズ。世間でも、おじいちゃんやおばあちゃんと会えず、寂しい思いをする子供たちが多いが、彼らもまた同様に、パンデミックが収束し、エリザベス女王やチャールズ皇太子と再会できる日を楽しみにしているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.