人気シンガーで女優のレディー・ガガが、自分のスタッフが家を訪れた際にかならずかけるという言葉を明かした。(フロントロウ編集部)

レディー・ガガがスタッフを出迎えるときに使う言葉とは?

 2018年に公開された映画『アリー/ スター誕生』では、女優としての地位も確立し、次は人気ファッションブランドのグッチ(Gucci)の一族に大きく関わる、実在する人物であるパトリツィア・レッジアーニの役で映画に出演するのではないかと言われているレディー・ガガ

 音楽活動も精力的に行っており、2月末には3年ぶりの楽曲「ストゥーピッド・ラブ」をリリースし、アルバム『クロマティカ』のリリースを控えているガガが、米InStyleで表紙を飾り、インタビューに答えた。

 ガガはInStyleとのインタビューで、スタッフが毎日ガガの家で仕事をしていることを明かした。毎日誰かしらスタッフが訪れるというが、ガガはスタッフを迎え入れるときこう言うという。

「ようこそ子宮へ」

 ガガらしくユーモアたっぷりな呼び名でスタッフたちを毎日迎え入れているガガ。そんなガガは子供を持つことを楽しみにしているという。

 ファンからはマザー・モンスターと言われているガガは同インタビューで「子供を持つことはとても楽しみと言えるわ」と話すと、続けて「母親になることを楽しみにしているの。私たちができることって素晴らしいと思わない?私たちは人間を体内で宿すことができて、育てることができるのよ。そして時が来ると、生きさせることが私たちの仕事になるの」と、母親になることを楽しみにしているよう。

 ガガは2015年に自身の楽曲「ユー・アンド・アイ」のMVで共演したことがきっかけで交際に発展した俳優のテイラー・キニ―と婚約するも、その後破局。2018年には17歳年上の芸能事務所勤務のクリスチャン・カリーノと婚約するも再び婚約破棄。

画像: クリスチャン・カリーノとレディー・ガガ。

クリスチャン・カリーノとレディー・ガガ。

 2度の婚約を経験しているガガは現在ハーバード大学卒業という超エリートでザ・パー・カー・グループのCEOや投資家として働いているマイケル・ポランスキーと交際中。ガガは過去のインタビューでもよく結婚や子供を持ちたいという願望について語っており、今回も子供を持つことや生命の誕生の素晴らしさなどを語った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.