Photos: © 2019 Sony Pictures Television Inc. and Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.
新型コロナウイルス (COVID-19)がパンデミックとして感染拡大するなか、世界各国で緊急事態宣言が出され、多くの人が外出を自粛して自宅で自主隔離をして過ごしている。そんななか盛り上がっているのが、今まで見られなかったドラマの一気見。海外のSNSでおすすめしてる人が多い、『ビカミング・ア・ゴッド』とはどんなドラマ?

「隔離中におすすめ!」海外で口コミ広がるドラマ

 世界的に自宅での自主隔離が続いているなか、SNSでは、他人とおすすめの作品をシェアし合うのが盛ん。多くの国で外出自粛が始まってから数週間が経ち、王道の娯楽は楽しみつくしたという人が増えているため、SNSの口コミは、いつもチェックしている範囲外に存在する良作と出会える糸口として重宝されている。

 そんななかSNS上で“隔離中に見るべき作品”として多くの人がおすすめしているのが、『ビカミング・ア・ゴッド』。一体このドラマとは?まずは、同作をおすすめするツイートを一部ご紹介。


画像1: カリフォルニア州・女性

カリフォルニア州・女性

「みんな、今こそ『ビカミング・ア・ゴッド』を一気見する時だよ!」

画像: オーストラリア・男性

オーストラリア・男性

「『ビカミング・ア・ゴッド』を見ることを強くおすすめする。キルスティン・ダンストが目の覚めるような演技をしていて、『ファーゴ』以来最高のキャラクターを生み出しているから」

画像: ケンタッキー州・男性

ケンタッキー州・男性

「“2019年のおすすめ”的なリストの作品はほとんどを見つくしたから、『ビカミング・ア・ゴッド』を見だしたんだけど、クレイジーだし、心に響くし、真に素晴らしい」

画像2: カリフォルニア州・女性

カリフォルニア州・女性

「隔離中に見るのをおすすめする、私の大好きなドラマ」

 海外のSNSでおすすめする人が多い『ビカミング・ア・ゴッド』とは、一体どんなドラマなのか?

ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』はどんな作品?

画像1: ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』はどんな作品?

 ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』は、金銭的に追いつめられた崖っぷち主婦がネットワークビジネスに足を踏み入れていくブラックコメディ。収入は低く、貯金はゼロという、アメリカに五万といる一般家庭の主婦クリスタルが、夫が「FAM(ファム)」というネットワークビジネスにハマったせいで家まで追い出される危機に立たされ、0歳児の娘との生活のためにいかがわしいネットワークビジネスの神になることを目指していく。

画像2: ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』はどんな作品?

 最大の見どころは、映画『マリー・アントワネット』や『ヴァージン・スーサイズ』で知られるキルスティン・ダンストがキャラチェンして低スペック主婦役に挑んでいるとこ。90年代のファッションに身を包み、タバコをくゆらせながら、生活のためならば恥も外聞も捨てる覚悟のあるクリスタルという強烈な女性をパワフルに演じている。

関連記事:『ビカミング・ア・ゴッド』主人公クリスタルはどんな女性?魅力に迫る

 さらに、演技派イケメン俳優として知られるアレクサンダー・スカルスガルドがイケメンのかけらもないダメ夫を演じるなど、まわりを埋める俳優も良いキャラしている人ばかり。

画像3: ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』はどんな作品?

『ビカミング・ア・ゴッド』が「一気見ドラマ」としておすすめされている理由

とにかく作品として面白い

 キルスティン・ダンストとジョージ・クルーニーという映画界のビッグスターが製作総指揮を務めるドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』がおすすめされている理由No.1は、もちろん作品としての素晴らしさ。

画像1: とにかく作品として面白い

 自分と子供の生活のためならば何でもすると決意してネットワークビジネスに手を出す主人公クリスタルは、悪なのか正なのか? 一般人である主人公が家族のためにモラルを無視してしたたかにのし上がっていく同作は、余命宣告を受けた高校教師が家族にまとまったお金を残すためにドラッグ製造に手を出すドラマ『ブレイキング・バッド』と比較されており、“女性版ブレイキング・バッド”の異名を持つ。

画像2: とにかく作品として面白い

 映画級のスターたちの名演技もさることながら、すべての登場人物がプライドが傷む過去やコンプレックスを抱えていて、そんな“人間らしさ”が随所に散りばめられている点でも高く評価されている。

 崖っぷち主婦がネットワークビジネスの神を目指すというはちゃめちゃな展開ながらも、共感できて、感動できて、のめりこめる『ビカミング・ア・ゴッド』。アメリカではシーズン1の放送後すぐにシーズン2の制作が決まっており、今後さらに盛り上がること間違いナシの作品。


全10話だからスピーディーに一気見できる

 『ビカミング・ア・ゴッド』シーズン1は、全10話とコンパクト。コンパクトな構成のドラマは「フィラー」と呼ばれる“時間を埋める”シーンが少なく、次から次へと超重要なシーンでスピーディーに物語が展開していくため、一気見ドラマとして最適。

画像: 全10話だからスピーディーに一気見できる

 『ビカミング・ア・ゴッド』では、序盤でクリスタル一家が泥沼にハマっていく様子が描かれ、「どうなるの…!?」と思っているうちに、中盤でクリスタルがFAMの中核へと入り込んでいき、「ここからどこへ…!?」と思っているうちに、終盤でクリスタルの命運が決まりと、一気見するのにぴったりのテンポの良さ


日本では「スターチャンネルEX」で全話配信中

 アメリカでは『ビカミング・ア・ゴッド』を放送するShowtimeが外出自粛に合わせて30日間の見放題企画を実施し、それがドラマの視聴をさらに後押し。そんななか嬉しいことに、ここ日本でも、5月1日からAmazon Prime Video チャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて『ビカミング・ア・ゴッド』の全話一挙配信がスタートしてドラマが日本初上陸

『ビカミング・ア・ゴッド』視聴方法

【配信】Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-
<字幕版・吹替版>
5/1より全話一挙配信 ※4/20~4/30 第1話先行無料配信
【放送】BS10 スターチャンネル
<STAR1 字幕版>
6/19より 毎週金曜23時放送ほか※6/13 20時~第1話 先行無料放送
<STAR3 吹替版>
6/24より 毎週水曜22時放送ほか 

 同チャンネルでは『ビカミング・ア・ゴッド』以外にも、『ビッグ・リトル・ライズ』、『ユーフォリア/EUPHORIA』、『チェルノブイリ』、『ウォッチメン』など、海外の批評家や視聴者に高評価なドラマが多数配信されているので、良質な海外ドラマを探している人や、有名な海外ドラマは見つくしたという人にはとくにおすすめ

(フロントロウ 編集部)

This article is a sponsored article by
''.