新型コロナウイルスの影響で食糧を得られなくなっている人々のために、レオナルド・ディカプリオが寄付を呼びかけた。そのご褒美としてレオナルドがオファーしていることが、豪華すぎて卒倒しそう。(フロントロウ編集部)

著名人がAll in Challengeに次々と参加

 新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、多くの学校や施設、イベントなどが中止となり、人々を外出自粛へとつなげている。ウイルス感染の対策として不可欠なこの対応だけれど、学校給食を頼っていた子どもたちや、フードバンクを頼っていた人々が、今日を生きるための食糧を手に入れることができなという深刻な事態を引き起こしている。

 そこで、現在多くのセレブが「All in Challenge(オール・イン・チャレンジ)」に挑戦している。このチャレンジでは、著名人たちがなんらかのオファーを出し、それを当てたい人は寄付を行なう。その寄付金はすべて、協賛している各チャリティ団体へ寄付されるというもの。

 自身も、食糧を得られずに困っている人を助けるクラウドファンディングAmerica'sFood Fundを、教育者のローレン・パウエルと行なっている俳優のレオナルド・ディカプリオは、もちろんこのチャレンジに賛同。そこで、レオナルドが出したオファーが豪華すぎるとして注目を集めている。

画像: 著名人がAll in Challengeに次々と参加

レオナルド・ディカプリオのオファーは?

 じつはレオナルドの次回作は、2017年に出版されたデビッド・グランによるノンフィクション『Killers of the Flower Moon(邦題:花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生)』の映画版。今作でレオナルドは、名優ロバート・デ・ニーロと共演し、巨匠マーティン・スコセッシが監督を務める。

 そこでレオナルドとロバートは、オール・イン・チャレンジへの寄付を求める動画をともに撮影。そこで2人が出したオファーは…、同映画への端役での出演権、レオナルドとロバート、さらにはスコセッシ監督の3人と撮影現場で一緒に過ごせる時間、同作のプレミアへの参加権という豪華すぎる3点セット!

 どれか1つだけでも十分なほど豪華なオファーが、なんと3つもセットで用意されたことで、映画ファンは目が回ってしまいそう。現在どれほどの寄付が集まっているかは明らかにされていないけれど、レオナルドがインスタグラムに公開した動画は、投稿から14時間で、再生回数112万回を超えた。『Killers of the Flower Moon』は2021年公開予定。

 オール・イン・チャレンジではこの他にも、大人気トーク番組『エレンの部屋』の司会をエレン・デジェネレスと一緒に行なえる権や、NBA選手とバスケットボールをプレイできる権、有名インフルエンサーとTikTik動画を作れる権など、かなりバラエティに富んだ、豪華なオファーが集まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.