新型コロナウイルスの対策に苦戦を強いられているアメリカ。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事は4月15日の会見で、公共の場で約1.8メートルのソーシャル・ディスタンスを確保できない場合、マスクまたは、顔を覆う「フェイスカバー」の着用を命じると発表。

 そんななか、トップセレブのイリーナ・シェイクが、ニューヨークのストリートにて、イリーナらしいハイセンスな「フェイスカバー」を身に着ける姿をキャッチ!(フロントロウ編集部)

トップモデルのイリーナ・シェイク

画像: 2020年1月にパリで開催された、ジャン=ポール・ゴルチエのランウエイを堂々と歩いたイリーナ。

2020年1月にパリで開催された、ジャン=ポール・ゴルチエのランウエイを堂々と歩いたイリーナ。

 ハイブランドからのオファーが絶えないトップモデルのイリーナ・シェイクが、ニューヨークのストリートで、 Moschino(モスキーノ)の新作でカモフラとロゴがプリントされたセットアップをクールに着用。フェイスカバーとして、オリーブグリーンのストールを巻いてスタイルにマッチさせて。

画像1: トップモデルのイリーナ・シェイク

 イリーナは、目元にはRoberi & Fraudのスキニーサングラスでバッドボーイなスパイスと、足元にはBottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)のコンバットブーツで、全体をメンズライクに。

画像2: トップモデルのイリーナ・シェイク

 現在、猛威を振るう新型コロナウイルスの対策として、世界的に不足しているといわれるマスク。アメリカではマスクが手に入らない時のために、外出時には顔をバンダナやスカーフで覆う「フェイスカバー」を推奨している。

 多くのセレブたちもフェイスカバーを取り入れたスタイルで外出しており、イリーナのように、伸縮性のあるストールで鼻から口元を覆う着用方法も注目されている。フェイスカバーをファッションのカラーとリンクするなどして、外出時でも気分を上げながらコロナ対策を続けよう!

イリーナ・シェイク愛用ブランドアイテム
セットアップ: Moschino
ダウンジャケット:Burberry
サングラス: Roberi & Fraud
モバイルケース: Wildflower
ブーツ: Bottega Veneta

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.