顔の印象を左右する眉は、左右の高さが違うだけで顔全体のバランスに影響を与えることも…。キレイな美人眉に近づけるアイブロウの秘訣を美眉のエキスパートが紹介。(フロントロウ編集部)

眉は左右対称ではなく、バランス重視!

 リアリティスターのキム・カーダシアンヴィクトリア・ベッカムなど、数多くのセレブから絶大な信頼を寄せられている、“アイブロウ・クイーン(眉の女王)”の異名を持つ実業家のアナスタシア・ソアレによると、顔自体が“完全な左右対称”ではないため、無理に眉を左右対称にする必要はないそう。

 しかし、アナスタシアは「明らかに左右で高さや角度に違いがある場合は、少し整える必要があるわね」と、眉をバランスよく修正する方法&コツを米メディアRefinery29で紹介した。

1.眉全体を整える

 まず、眉をバランス良く見せるために、アナスタシアの提唱する「黄金比シェーピング法」 に従って、自分の骨格に合わせて眉を整えていく。

画像: 1.眉全体を整える

 その黄金比率の作り方について、アナスタシアは「眉頭は小鼻の中央のちょうど上から始まり、眉尻は小鼻の横から目尻とをつないだラインの延長線まで。そしてアーチの最も高い部分は、鼻の先端の中央と瞳の中央を結んだ場所につくること」と説明。このルールに従って整えることで、誰でも理想的な美眉に仕上げることができるという。

2.アーチの高さを合わせる

 バランスの良い眉を作る最大のポイントは、アーチ(眉山)の高さを左右で揃えること。アーチが高いときは下の部分に、アーチが低いときは上の部分に、少しずつアイブロウペンシルで書き足しながら、左右のバランスを調整していく

画像: 2.アーチの高さを合わせる

 さらに、米コスメブランド「アナスタシア・ビバリー・ヒルズ」の創業者でもあるアナスタシアは、よりナチュラルな眉に仕上げるために「ブロウ・ウィズやディップブロウ・ポマード(※)を使って、アーチの部分から眉尻に向かって毛を1本1本描くように作っていくことをオススメするわ」と助言した。

 ※アナスタシア・ビバリー・ヒルズのアイブロウ製品。日本からも購入可能。

3.眉頭の高さを合わせる

 実は眉頭も、眉をバランスよく見せる大事なポイント。こちらも、アーチを描いた時と同じように高さが足りない部分を書き足して、左右のバランスを調整していく。

画像: 3.眉頭の高さを合わせる

 ただし、ひとつだけ気をつけたいのが、眉頭を濃くしすぎないこと。アナスタシアは「美しい眉は、(眉頭から眉尻に向かって)グラデーションになっている必要がある。そのため、眉頭を描くときは、ふわっと軽めに入れるのがコツ」と話し、濃く入れすぎた場合はアイブロウブラシなどでぼかすようアドバイスした。

 最後に、透明の眉マスカラで毛の流れをセットして完成。眉は左右の高さを合わせるだけで、見違えるほど端正な顔立ちに仕上がるもの。気になる人はさっそくプロのテクニックを試してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.