Photo:ニュースコム、ゲッティイメージズ、©︎PARAMOUNT/20TH CENTURY FOX
レオナルド・ディカプリオ主演の映画『タイタニック』で、とても冷たそうに見える海水の実際の温度が衝撃的!(フロントロウ編集部)

往年の名作『タイタニック』

 映画『タイタニック』は、1997年に公開され歴史的ヒットを記録したロマンス映画。ジェームズ・キャメロン監督のもと制作された本作は、当時まだ若手だったレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットを大スターに押し上げた名作。

画像: ©︎PARAMOUNT/20TH CENTURY FOX

©︎PARAMOUNT/20TH CENTURY FOX

 1912年に実際起こった豪華客船の沈没事故をテーマに扱った悲劇的なストーリーは多くのファンの心を掴み、映画史上最高の世界興行収入としてギネスブックにも掲載された。この記録はなんと同監督が2009年に制作した映画『アバター』によって追い抜かれたとはいえ、いずれにせよ驚くべき成果。

 『タイタニック』は1998年のアカデミー賞で作品賞、監督賞、撮影賞などを含む11部問を受賞。あまりにも輝かしい記録の数々は、公開から20年以上経った現在でも称賛され、止むことはない。

歴史に残る「悲劇」のタイタニック号沈没事故

 豪華客船のタイタニック号は、当時世界最大の客船として話題を呼んだ船。事故が起きた日に乗っていた人数はなんと2,224人で、その半数以上にあたる1,513人が亡くなったと言われている。

画像: 歴史に残る「悲劇」のタイタニック号沈没事故

 事件当日、船には大きな流氷が近づいていることがわかっており、海水の温度は非常に低かったと予想される。そして、船が流氷にぶつかってしまった結果、船から海へと落ちた多くの人は低体温症により数分で死に至った。

 この惨劇を映画化した『タイタニック』でも、その極寒の海のシーンはリアルに表現されている。物語の終盤で海に落ちたレオナルドと、ヒロインを演じたケイトの顔は真っ白になり、髪の毛は凍り始める。吐く息も真っ白で、見ているだけで寒くなってくるほど。

 ただ、そんな迫真の「凍てつく寒さ」を表現したシーンの実際の水の温度に衝撃!

映画『タイタニック』の海の温度

 キャメロン監督によると、7ヶ月にも及んだ撮影は非常にハードなものだったという。けれど、実は撮影中の水温は「極寒」ではなくむしろ「熱かった」と、米Peopleに明かしている。

画像: 映画『タイタニック』の海の温度

 その水温は、なんと約27度! 日本のプールの環境を守る日本プールアメニティ協会によると、プールの水温の目安は22度。そう考えると、27度はプールとしてはかなり熱め。ちなみに、日本水泳連盟によると温水プールの温度は25~28度だというので、むしろこちらに近い。そんな理由もあり、キャストが吐いていた凍えるような白い息は、なんと撮影後に付け加えられたものだという。

 ちなみに当時、一部ではキャメロン監督が何時間にもわたって俳優陣にプールから出るのを禁じたという報道があったけれど、監督自身は「トイレに行きたい者は行けた。プールの中で用を足すなとは伝えていたんだ。みんなきっとしていたと思うけれどね!」と冗談まじりに語った。

 それにしても、レオナルドもケイトも「寒くない」水温の中であの演技ができたのはさすが俳優といったところ。流れてきた家具につかまり声もか細くなり、死に絶えそうなあのシーンは、「実は全く寒くなかった」という驚きの撮影秘話が隠されていた。(フロントロウ編集部)

※当初ジャックが海中でつかまっていたものが誤って表記されていたため、修正しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.