クリッシー・テイゲンも多くの人と同様に、お店でトイレを借りることに罪悪感があるよう。しかし借りる代わりにしたことが、さすが。(フロントロウ編集部)

クリッシーの新たな神エピソード

 外出中にトイレに行きたくなった時にコンビニやデパートのトイレを使用し、ただで使うのは申し訳ないと、ちょっとした買い物もする人は少なくない。そんな“トイレのタダ使い”に罪悪感を抱くのは、あのモデルも同じよう。

 モデルであり、その気さくな性格で人気のタレントでもあるクリッシー・テイゲンは、昨年破産した高級デパートのバーニーズ ニューヨークを以前はよく利用していたそうで、今はなきバーニーズでの食事を再現してしまうほど。しかし、その料理に関するツイートを彼女がしたところ、ある別のエピソードがファンを笑わせることになった。

画像: クリッシーの新たな神エピソード

クリッシー・テイゲン流「感謝の気持ち」は?

 コメントしてきたのは、過去にバーニーズでクリッシーを見かけたことがあるというファン。そこでクリッシーは、こんな行動をしていたという。

「バーニーズであなたを見かけたことがあるんですが、トイレを借りることで罪悪感を抱かないためだけにセリーヌのバッグを買ってましたよね。私は元々あなたのことが好きだったけど、それで完全に惚れました」

 なんとトイレに行きたいがために、高級ブランドのセリーヌ(Celine)のバッグをご購入! セリーヌのバッグといえば、その価格は安くても10万円前後はするうえ、定番モデルのラゲージであれば30~40万円前後。いくらトイレを借りるのが申し訳ないとはいえ、そのために高級バッグをパッと買ってしまうクリッシーは、完全に“お客様は神様”状態だっただろう。

画像: クリッシー・テイゲン流「感謝の気持ち」は?

クリッシー、ウェディングドレスの“試着”でも…

 しかしこのツイートに、クリッシーが「わー!私を知ってる人なら、これが頻繁に起きすぎてる事実だって分かるよね」と返信しているとおり、このエピソードを聞いた彼女の友人は、ある別のエピソードを思い出してしまったよう。クリッシーが公開したインスタグラムのダイレクトメッセージの会話では、こんな展開が。

「本当は着ないって分かってるのにウェディングドレスを5着も買った時のことみたいだよね。“ドレスをただ試着するだけ”の罪悪感でさ。ウェディングドレスの“試着”って言ってんのに」

 クリッシーのウェディングドレス姿。

 クリッシーは、夫でシンガーのジョン・レジェンドとの結婚式でファッションブランドのヴェラ・ウォン(Vera Wang)のドレスを3着身につけたけれど、じつはその他にも購入していたよう。しかしクリッシーに後悔はないようで、「どれも素晴らしい持ち主の元へ行ったもん」と返信していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.