汗ばむ夏のメイクで避けて通れないのが、汗や皮脂によるメイクのにじみやヨレ。そんな夏のメイク悩みを解決するメイクテクをプロが伝授。(フロントロウ編集部)

悩み1.口紅がヨレる、にじむ

 汗をかきやすい夏のメイク悩みのひとつが、リップメイクのにじみ。口紅やリップグロスを丁寧に塗ったつもりでも、汗や皮脂でいつの間にか色が唇からはみ出ていた…なんて残念な経験がある人も多いはず。

画像: 悩み1.口紅がヨレる、にじむ

 メイクアップアーティストのアビー・ポールによると、口紅をにじませないコツは、唇の周りをガードすること。アビーは「口紅を塗る前に、必ずリップライナーで唇の輪郭を囲んで」と米メディアRefinery29でコメント。先にリップライナーで唇をキレイにふち取ることで、口紅がにじむのを防ぐことができるそう。

 また、アビーは「もうひとつの秘訣が、唇の周りにコンシーラーを塗ること。口紅の余計なにじみがおさえられるだけでなく、唇の輪郭が強調されて口紅がシャープに見えるよ」とアドバイス。さらにコンシーラーを塗るときは、平らないブラシを使うとやりやすいともつけ加えた。

悩み2.アイシャドウが消えている…

 汗ばむ夏の季節は、どんなにアイシャドウを丁寧に塗っても、夕方にはほとんど消えている…などキレイな目元をキープするのもひと苦労。

画像: 悩み2.アイシャドウが消えている…

 アビーいわく、普段からまぶたが脂っぽくなってしまう人は、夏になるとさらにアイシャドウがヨレたりにじんだりするそう。そんなときは、思い切ってパウダーアイシャドウから離れて、リキッドタイプのアイシャドウを使ってみるのもアリ。

 アビーは「実はパウダーよりもリキッドタイプのアイシャドウのほうが、摩擦やヨレに強く落ちにくいの」と説明。ちなみに上手に仕上げるポイントは、速乾性のあるリキッドアイシャドウを選ぶこと。色が落ちにくく、透明感のある夏らしいメイクが手に入るとアビーは言う。

 夏のメイク悩みを解決するプロのテクニック。いつも汗や皮脂でメイクがドロドロに崩れやすいという人は、ぜひ参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.