Photo:ゲッティイメージズ,ニュースコム,Twitter/Nintendo of America
任天堂のゲーム『あつまれ どうぶつの森』を愛してやまない料理好きセレブが、同ゲームの世界観にインスパイアされたヘルシーなレシピを考案! 主役にしたのはゲームに登場する「あの食材」。(フロントロウ編集部)

『あつまれ どうぶつの森』の「あの食材」を主役に

 発売から6週間での世界累計セールスが1341万本を突破するという凄まじい人気となっているNintendo Switch用のゲームソフト『あつまれどうぶつの森』。

 可愛らしいキャラクターデザインやスローライフが満喫できるほのぼのとした世界観が新型コロナウイルス禍の暇つぶしや現実逃避にピッタリだという理由から、世界中のプレイヤーたちに愛される同作は、セレブにもファンが多い。

 そのなかでも、発売初日から毎日時間を忘れるほどプレーし、ほぼ毎週のように『あつまれ どうぶつの森』に関する不満や疑問をツイッターで投下し話題を提供しているのがモデルのクリッシー・テイゲンは、“どうぶつの森愛”が高じるあまり、同ゲームにインスパイアされた料理のレシピを編み出してしまった。

画像: 『あつまれ どうぶつの森』の「あの食材」を主役に

 ユーモア溢れる語り口を活かして、テレビ番組の司会者などとしても活躍するかたわら、料理研究家の顔も持ち、過去にレシピ本を2冊発売しているクリッシーは、自身の料理プロジェクト『Cravings (クレイヴィングス』の一環でYouTubeで公開している料理動画で、『あつまれ どうぶつの森』にインスピレーションを得たというレシピを発表。

 初代『どうぶつの森』から同ゲームをプレーする筋金入りの『どうぶつの森』ファンとして知られるクリスティンが、レシピの主役に選んだのは、同作で栽培できる「たけのこ」だった。

画像: ©Tokyoluv/Instagram

©Tokyoluv/Instagram


『あつまれ どうぶつの森』インスパイア・レシピ

  「たけのこ」はプレイヤーの間では、入手したり、増やしたりするのが難しいアイテムとして知られている。

 クリッシーは、「ゲームの中では、竹を植えて、掘るとたけのこがゲットできる(これは、マジで楽しいよね)けど、私、これまで、実際にたけのこを使った料理を作ったことがなかったの」と、ゲームの中では、たけのこの栽培を楽しんでいるものの、現実世界では料理研究家でありながら、たけのこを使った料理に挑戦したことがないという事実にハッとして、このレシピを思いついたのだそう。

 たけのこのマイルドな甘味や歯ごたえを活かす料理として、クリッシーが考案したのは、ベジタリアンでも食べられる、ヘルシーなアジアン風味の炒め物。

 クリッシーが、ファンたちからは“ペッパー”の愛称で親しまれているタイ出身の母親ヴィーライラック・テイゲンと一緒に『あつまれどうぶつの森』に着想を得た、竹の子の炒め物の作り方を解説する料理動画がこちら。

【材料】(2~4人分)

ピーナッツオイルまたはキャノーラ油 大さじ2

にんにく 5片(みじん切り)

しょうが(みじん切り)

さやいんげん 約230g

玉ねぎ 1玉(スライス)

たけのこ 約280g(缶詰が手軽なのでおすすめ、水を切っておく)

オイスターソースまたは海鮮醤 大さじ2

ごま油 大さじ1

米酢 大さじ1

スリラチャソース(※) 大さじ1 (入れなくてもOK

コーンスターチ小さじ1/2と水小さじ3~4を混ぜたもの

ヒラタケ 220g(お好みのキノコ類で代用可)

白コショウ 小さじ1

細ねぎ 4本 (細かく刻む)

※タイ発祥の地リソース。唐辛子、酢、にんにく、砂糖、塩をミックスして代用することもできる。

【作り方】

① フライパンに油を入れ、中火でかなり熱くなるまで温める。にんにくとショウガを入れて香りが立つまで30秒ほど炒める。さやいんげん、玉ねぎの順に投入し、さやいんげんが柔らかくなり始めるまで炒める。

②水を切っておいたたけのこを加えて1分ほど炒める。オイスターソース、ごま油、米酢、シリラチャ(使用する場合)を入れて絡める。

③コーンスターチと水を混ぜたものを加えて混ぜる。

④きのこを入れ、やさしく混ぜながら炒め、白コショウを加え、最後にネギを加えたら完成!

 下準備と調理時間を合わせて15分ほどでできるクリッシー考案の『あつまれ どうぶつの森』風たけのこ炒めは、彼女の夫でシンガーのジョン・レジェンドも「すごく美味しいよ」、「ひと口ごとに色んな味が口の中に広がる」と絶賛。日本でも比較的そろえやすい食材で簡単に作れるので、ぜひ自宅で試してみては?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.