マドンナがインスタグラムにアレがスケスケの際どい写真を投稿。一部のユーザーから批判が寄せられるも、マドンナらしいコメントで反論した。(フロントロウ編集部)

際どい写真を投稿したマドンナ

 2019年に通算14作目となる最新アルバム『マダムX(Madame X)』をリリースした“クイーン・オブ・ポップ”ことマドンナ。長年にわたって音楽界のセックスシンボルとして君臨してきたマドンナは、自身のSNSにもセクシーな写真をたびたび投稿していて、入浴中に自撮りした写真や、下着姿で撮影された写真などをこれまでに投稿してきた。

画像1: 際どい写真を投稿したマドンナ

 今回、マドンナはインスタグラムを更新して、“かなり露出多め”の際どい写真を新たに投稿。「現在のワードローブの状況」というコメントと共にマドンナが投稿したのは、下着姿で椅子に座っている自身を撮影した写真。マドンナが下着姿の写真を投稿すること自体は珍しくないものの、新たに投稿された写真で彼女が着用しているのはシースルーのブラジャーで、乳首が完全に透けて見えるというもの。

 この写真には多くの反響が寄せられることになったのだけれど、当然、中には刺激的な写真をSNSにアップしたことを快く思わない人たちも。この投稿に寄せられた否定的な意見はマドンナの目にも止まったようで、彼女はその後、コメント欄を更新。自身の投稿を批判する人々に向けて次のようにコメントした。

 「いかなる形であれ、この写真で気分を害してしまった人たちへ。あなたたちに伝えたいのは、私が無事、『ちっとも気にしない大学』を卒業できたということ。卒業セレモニーに来てくれてありがとう。2020年卒業組よ!」

マドンナがインスタグラムに投稿した写真はコチラ

画像2: 際どい写真を投稿したマドンナ

 自身に向けられた批判に、ユーモアを交えながら「ちっとも気にしない」とコメントしたマドンナ。ポップの女王らしく我が道を貫き通すマドンナの姿勢を称賛する声も多く寄せられていて、シンガーのケイティ・ペリーも彼女の投稿にコメントした1人となっている。ケイティはマドンナの「ちっとも気にしない」という姿勢に共感したようで、「最高! 私もその大学に入学したところ!」とコメントした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.