ユニバーサル・スタジオ・フロリダやアイランズ・オブ・アドベンチャーを含むユニバーサル・オーランド・リゾートが、6月5日の再オープンを正式に発表。しかし、一部では少し悲しい変更も取られる。(フロントロウ編集部)

USJが営業再開

 多くのショップが休業することになっている新型コロナウイルスの影響は、各地のテーマパークにも及んでおり、アメリカのフロリダ州にあるユニバーサル・オーランド・リゾートも3月中旬から閉鎖中。しかし先日、営業再開後の対策をまとめた書類を州政府に提出し、6月5日に再オープンすることが正式に決定した。

 とはいえ、子供を楽しませるアミューズメントパークだからこそ、新型コロナウイルス禍の前のようには戻れない。マスク着用や検温といった、ファンも予想していた対策のほかに、少し残念な気分になる変更も行なわれる。

画像: USJが営業再開

各分野でウイルス感染の予防対策

 スタジオ側としては、やはり人同士の接触をできるだけ減らしたいよう。そこで、キャラクターに会えるミート&グリートは無くなるという。しかし対面での会える機会は無くなるけれど、パフォーマンスはあるそうなので、その姿を見て楽しむことはできる。

 そして、アトラクションの演出にも変更が。水やミストを使うアトラクションや、パーク内の施設では、その量が減らされるか、完全に無くなるという。これは、水を介してウイルスが拡がる可能性を防ぐため。

 また、シングルライダーにも悲報が。アトラクションに並ぶ列では、最低でも6フィート(約180センチ)のソーシャディスタンスを保てるようにするということで、その対策としてシングルライダーの列は取り除かれると見られる。一部アトラクションではバーチャルに列に並べるシステムも導入される。

 ユニバーサル・オーランド・リゾートは、6月1日は年間パスポートを持つ中から選ばれた人々に、そして3日と4日は招待客に来場してもらい、一般に向けた営業再開に際して問題がないかを確認。そして5日に営業を再開する。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.